Record China

ヘッドライン:

韓国から北朝鮮への借款、20年間で985億円超?=韓国ネット「必ず返済させるべき」

配信日時:2020年7月23日(木) 9時30分
拡大
21日、韓国・国民日報によると、北朝鮮の元外交官の韓国国会議員が同日、韓国政府が2000年以降、北朝鮮に供与した借款が約985億円に上ると主張した。写真は北朝鮮の通貨。

2020年7月21日、韓国・国民日報によると、北朝鮮の元外交官の韓国国会議員が同日、韓国政府が2000年以降、北朝鮮に供与した借款が1兆1198億ウォン(約985億円)に上ると主張した。

16年に北朝鮮から韓国に亡命した、韓国最大野党「未来統合党」の太永浩(テ・ヨンホ)議員は、統一部から提出を受けた資料を基に説明。供与した借款は、2000年から現在までに、食糧のほか、鉄道や道路の資材、軽工業原材料などの購買のために使われたとした。

借款のうち、食糧は2000年から07年までに8647億ウォン(約760億円)、鉄道や道路の資材関連には02年から08年までの間に1593億ウォン(約140億円)ほど使われた。また、軽工業の原材料や設備提供のための借款は958億ウォン(約84億円)に上った。

北朝鮮は08年に28億ウォン(約2億5000万円)相当の亜鉛1005トンの現物償還をしたものの、これを除いては返済していない。

韓国政府は12年6月に最初の返済日を迎えて以降、四半期ごとに返済を促す通知を送っているが、現在まで北朝鮮はこれに応じていないという。

太議員は「政府は北朝鮮の金氏一家のために国民の血税を使ったが、北朝鮮は全く返済する気はない」と指摘。「正式に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に借金を返せと催促しなければならない」と主張した。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「必ず返済させるべき」「韓国の国民の税金がこんなにも多く北朝鮮の支援に使われていたなんて…」「今後の経済協力は返済が済んでからだ」「これ以上、北朝鮮に多くの金や物を与えては駄目だ」「北朝鮮に特使を派遣して協議すべきだ」などといった声が上がっている。

また、「北朝鮮は金を受け取っても、人民を救うために使おうとはせず、核兵器の開発のために費やしているのだろう」「まるで北朝鮮の核開発を、韓国国民の血税で支援しているようなものだ」などと、巨額の借款が北朝鮮人民の支援に生かされているのか疑問視するコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング