Record China

ヘッドライン:

世界トップ30大学に韓国はゼロ、中国4校、日本1校=韓国ネット「研究支援が不十分」

配信日時:2020年6月10日(水) 17時20分
拡大
10日、韓国・朝鮮日報は、英国の大学評価機関のクアクアレリ・シモンズ社が発表した「2020年世界の大学評価」について報じた。アジアの大学は7校がトップ30位に入った。写真は中国の清華大。

2020年6月10日、韓国・朝鮮日報は、英国の大学評価機関のクアクアレリ・シモンズ社(QS)が同日に発表した「2020年世界の大学評価」について報じた。韓国の大学は2003年にQS社による大学評価が始まって以来、過去最多の6校が100以内にランクインした。

100位以内には、ソウル大(37位)、韓国科学技術院(39位)、高麗大(69位)、浦項工科大(77位)、延世大(85位)、成均館大(88位)が入った。一方、トップ30位内に入った大学はゼロ。韓国の大学はこれまで一度もランクインを果たせていないという。

アジアの大学では7校がトップ30位入りし、11位と最高位のシンガポールのシンガポール国立大や中国の清華大(15位)、北京大(23位)、東京大(24位)などが名を連ねた。

専門家は、韓国の大学がトップ30位入りするためには「基礎分野から始めて、研究のレベルを引き上げることで学会での評価を高め、論文の引用回数を増やさなければならない」と指摘している。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「ノーベル賞を取れない点からしても韓国の学問や研究水準は低い」「韓国は研究の支援も不十分だ」などと指摘する声が上がっている。

また、「韓国では就職率で大学が評価されている。大学が学問をする場所ではなく、就職準備のための場所になっている」「韓国の大学は学問との距離が遠くなっている」などと大学の在り方に疑問を呈するコメントも。

その他、「評価されるデータを示した論文を書かなければ」「さすがは中国と日本」「韓国は小さな国なのに、100位以内に入る大学が意外に多くて驚いた。ソウル大の37位も立派だと思うよ」などといった声が上がっている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国の最高学府ソウル大を世界の学者が酷評「後追い科学ばかり」=韓国ネット「それでもソウル大には入りたい」「けちをつける所のない指摘だが…」

9日、韓国メディアによると、ノーベル賞やフィールズ賞の受賞者を含む世界の自然科学系の学者12人が、韓国の基礎科学界の雄が集まるはずのソウル大自然科学大の現状を酷評、警告を発した。写真はソウル大。

Record China
2016年3月10日 12時30分
続きを読む

ランキング