互いを必要とする中国と欧州、最大の問題点は―スイス紙

Record China    2020年6月15日(月) 7時40分

拡大

12日、中国紙・環球時報は、スイス紙のノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングが「中国で欧州にとって大きなチャンスが訪れている」との記事を掲載したと報じた。写真は重慶。

2020年6月12日、中国紙・環球時報は、スイス紙のノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングが「中国で欧州にとって大きなチャンスが訪れている」との記事を掲載したと報じた。

記事は、「昨年の欧州連合(EU)における中国企業の投資額が120億ユーロ(約1兆4450億円)近くに上り、スイスでの投資額は6億ドル(約640億円)に達した」と紹介。18年と比べると減少したものの、中国企業による米国への投資額は欧州への投資額の半分にも満たないと指摘している。

そして、「5年前と比べると欧州の各国政府や企業は、中国の投資時の約束に、より注目するようになっており、すべての投資が許可されるわけではない。ただ、これらの数字は中国が欧州を必要としていることを示している」と分析した。

一方で、「欧州もまた中国を必要としている」と指摘。在中国欧州連合商工会議所(EUCCC)が在中企業に対して行った最近の調査によると、9割の企業が投資を中国から他の国へ移動する予定はないと回答しているという。欧州の製薬企業や医療技術企業などは、最近中国での売り上げを伸ばしており、記事は「販売市場および生産基地としての中国は、新型コロナウイルスの問題があってもやはり巨大な市場であり、欧州企業の計画に不可欠な部分となっている」と説明している。

さらに、「米国がさまざまな手段で中国排除の政策を進めているため、中国と欧州との関係はより一層強まっている」とも指摘。「EUはこれまでも中国の重要な貿易パートナーであり、スイスもその中で特殊な地位を得ていた。中国は11月の米大統領選挙がどんな結果になっても中長期的な米中関係の悪化は避けられないと見ており、欧州にラブコールを送っている」とした。

このため、「欧州には中国との経済関係をより安定した新たなレベルに高めるチャンスが与えられた」と記事は指摘。中国も海外からの投資の分野をさらに広げているという。ただ、欧州の多くの企業は一部の重要な業界においては差別を受けており、市場進出が阻まれているといい、これが欧州と中国との関係における最大の問題の1つとなっているという。

記事は、「中国との交渉において、欧州は以下の事実を利用するとよい。それは、中国はこれまで以上に技術供給国としての欧州に依存するようになっており、欧州は中国が(提唱する一帯一路の重要な地域であるということだ」と論じている。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携