Record China

ヘッドライン:

韓国の新人パイロット、コロナ不況で解雇、代行運転で生計立てる―中国メディア

配信日時:2020年6月10日(水) 10時20分
拡大
韓国のイースター航空では従業員への給与が4カ月連続で支払われず、昨年入社したパイロット80人が解雇された。解雇された新人パイロットの中には、代行運転で生計を立てる人もいるという。写真は仁川国際空港。

中国紙・環球時報(電子版)は9日、韓国JTBCテレビの7日付報道を引用し、「新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響が、韓国の航空各社、特に格安航空会社(LCC)の経営を直撃している」とした上で、「イースター航空では従業員への給与が4カ月連続で支払われず、昨年入社したパイロット80人が解雇された。解雇された新人パイロットの中には、代行運転で生計を立てる人もいるという」と伝えている。

JTBCテレビによると、新人パイロットは解雇されたが、ベテランパイロットの待遇も良くはない。今年3月から給与が支払われず、「今は建設現場に行って、セメントの運搬や廃棄物処理などの肉体労働をするしかない。配達員をしている同僚もいる」との声が上がっているという。

環球時報はまた、韓国紙・朝鮮日報の経済専門ニュースサイト、朝鮮ビズ(Chosunbiz)の以前の報道を引用し、「大韓航空やアシアナ航空、チェジュ航空などのパイロットの多くが現在、無給休暇または交代勤務の状態にあるという」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング