日本の出生数が過去最低、初の90万人割れ=中国ネット共感「生んでも育てられない」

Record China    2020年6月10日(水) 9時20分

拡大

8日、中国中央テレビの微博アカウントは、日本の昨年の出生数が過去最低となったことを報じた。写真は日本の親子。

2020年6月8日、中国中央テレビ(CCTV)の微博アカウントは、日本の昨年の出生数が過去最低となったことを報じた。

同アカウントは、厚生労働省が5日に発表したデータとして、2019年の日本の出生数が86万5234人で過去最少を記録するとともに、初めて90万人を割り込んだと紹介。この状況について、日本の少子化が日増しに深刻化しており、人口の減少が加速していることを表していると伝えた。

この状況について、中国のネットユーザーは「生活するうえでのプレッシャーが大きすぎるから、みんな子どもを生みたがらないんだ」「一番の問題はやっぱり、生活コストが高すぎることだろう」「自分の財産も生き方も自由だし、結婚には相手が必要であって、相手のことも考えなきゃいけないから疲れる。どうして結婚しなければいけないのか分からない」「子どもを生むにしても生まないにしても、幸せに過ごせるならいいのではないか」といった感想を残している。

また、「五十歩が百歩を笑う感じだ」「家の値段や教育への投資、結婚する女性への差別といった問題を抱えるわれわれも、間もなく同じような状況になることだろう」「自然なことじゃないか。私も子どもを作りたくない。自分を養うので精いっぱいで、子どもができても自分と一緒に苦しませるだけだから」「日本は少なくとも先進国だからいいじゃないか」「中国なんて、発展途上国のまま少子高齢化が進んでしまう」など、少子化は中国にとっても大きな問題であり、むしろ深刻度は日本よりも高いとの見方を示すユーザーが非常に多く見られた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携