Record China

ヘッドライン:

来年の外交日程ぎっしりの中韓、かやの外は日本だけ―韓国紙

配信日時:2013年12月31日(火) 18時21分
拡大
30日、韓国・朝鮮日報(中国語電子版)は「来年の外交日程ぎっしりの中韓、かやの外は日本だけ」と題する記事を掲載した。写真は中国で販売されている朴大統領の書籍。
(1/2枚)

2013年12月30日、韓国朝鮮日報(中国語電子版)は「来年の外交日程ぎっしりの中韓、かやの外は日本だけ」と題する記事を掲載した。

その他の写真

安倍晋三首相の靖国神社参拝以降、韓国政府は日本に関連するすべての外交日程を保留した。中韓両国の蜜月と日本の孤立が一層鮮明となっている。

朴槿恵(パク・クネ)大統領は今年6月、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談。韓国と中国は以降さまざまな外交日程をこなし、来年も重要な予定が目白押しだ。習主席は来年上半期に韓国を訪問する可能性が高い。これに先立ち王毅(ワン・イー)外相が訪韓する見通しだ。

韓国政府の関係者は相次いで「日韓首脳会談どころか、外相会談すら話に出てこない」と指摘する。今年4月に日韓外相会談が予定されていたが、麻生太郎副総理・財務・金融相の靖国神社参拝を受けて中止に。さらに安倍首相の参拝が追い討ちをかける事態となっている。(翻訳・編集/AA)

関連記事

<靖国参拝>日本国民の70%、「外交関係に配慮を」と安倍首相に注文―中国メディア

29日、中国日報網は記事「日本国民の70%、靖国参拝では外交関係に配慮するべきと回答」を掲載した。日本の世論調査では靖国参拝について外交関係に配慮すべきとの回答が70%を占める一方で、内閣支持率は1ポイントの上昇となった。資料写真。

Record China
2013年12月30日 13時50分
続きを読む

ランキング