Record China

ヘッドライン:

<靖国参拝>安倍首相の“拝鬼”、米国の堪忍袋の緒は切れつつある―香港メディア

配信日時:2013年12月29日(日) 11時25分
拡大
28日、香港評論通訊社は、上海国際問題研究院の陳友駿研究員補佐のコラム「安倍の拝鬼で米国は忍耐の限界に近づきつつある」を掲載した。安倍首相の暴走を米国は強く懸念しているという。資料写真。
(1/2枚)

2013年12月28日、香港評論通訊社は、上海国際問題研究院の陳友駿(チェン・ヨウジュン)研究員補佐のコラム「安倍の拝鬼で米国は忍耐の限界に近づきつつある」を掲載した。

その他の写真

26日、就任1周年を迎えた、日本の安倍晋三首相が靖国神社に参拝した。安倍首相の“拝鬼”(参拝)は隣国との関係改善に取り組む誠意がないことを示すものであり、この荒唐無稽なやり口は米国の忍耐の限界に近づきつつある。

すでに日中関係は最悪の局面を迎えており、“拝鬼”したとしてもこれ以上の悪化はない。これが安倍首相の主張だが事実とは異なる。中国や韓国、その他被害国の感情を踏みにじる行為だ。もともと悪化していた関係がさらに悪化し、改善はさらに難しいものとなった。

安倍首相の“拝鬼”に米国は異例にも“失望”という強い表現で抗議した。これは日本の暴走の懸念を端的に示したものだ。同盟国として米国は日本の行動に責任を負っているためだ。

また日本の荒唐無稽なやり口はすでに米国の堪忍袋の緒は切れつつある。こうしたなか、長年築き上げてきた日米の絆も薄れつつある。一方で習近平(シー・ジンピン)体制誕生以来、中韓関係は順調に発展しており、“拝鬼”問題においても中韓は協力を強める姿勢を見せている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<安倍首相靖国参拝>韓国政府、次官級対話取り消しも=「首脳会談実現は夢のような話」―中国メディア

26日、日本の安倍晋三首相が靖国神社に参拝したことを受け、韓国では国を挙げて反日ムードが高まっている。韓国政府は抗議の意思表示として駐日大使を一時帰国させ、日韓次官級戦略対話を取り消すことまで検討しているという。写真は靖国神社。

Record China
2013年12月27日 16時53分
続きを読む

安倍首相の靖国参拝が中国政府の怒りに“点火”、エスカレートする抗議―香港メディア

27日、香港・東方日報は、日本の安倍晋三首相が26日、A級戦犯が合祀されている靖国神社に参拝したことを「中国と韓国の新たな反日ムードを招くものだ」とした上で、中国政府の抗議がエスカレートしていると伝えた。写真は中国外交部の王毅部長。

Record China
2013年12月27日 16時24分
続きを読む

ランキング