Record China

ヘッドライン:

<靖国参拝>NYタイムズ「日本の首相が平和主義から離脱」―米紙

配信日時:2013年12月30日(月) 7時0分
拡大
27日、米ニューヨーク・タイムズ紙は、「日本の首相が平和主義から離脱」と題する論説記事を掲載した。写真は靖国神社。
(1/2枚)

2013年12月27日、米ニューヨーク・タイムズ紙は、「日本の首相が平和主義から離脱」と題する論説記事を掲載した。29日付で中国網が伝えた。

その他の写真

安倍晋三首相の靖国神社参拝を受け、各国国民の間で不満の声が上がっている。米国は日本政府が意見を聞き入れず、しかも参拝の1時間前になって米国に通知をしてきたことに失望を表明。沖縄県名護市辺野古埋め立ての知事承認に絡み予定されていた小野寺五典防衛相とヘーゲル国防長官の電話協議も中止になった。日本とアジア各国の関係修復に向けて努力をしてきた米国の援助も、アジア歴訪したばかりの米副大統領の努力も水の泡に。今や日米間にマイナスの影響が生じるのは避けることができない状況だ。

米ニューヨーク・タイムズ紙は、安倍首相が平和主義から離脱しつつあると指摘。安倍首相は日本経済の回復を通じ、強く自信にあふれ、完全な軍隊を有する日本を打ち立てようとしているが、このような冷戦時代の思考は時代錯誤でもあり、危険であるとした。(翻訳・編集/YM)

関連記事

ランキング