朴大統領が「日本は一流国家とは呼べない」発言、中国も賛同「経済は一流、品格は三流」―中国メディア

Record China    2013年12月30日(月) 18時44分

拡大

30日、環球網によると、日本の安倍晋三首相が靖国神社を参拝したことについて、韓国の朴槿恵大統領が安倍首相を厳しく批判した。写真は靖国神社。

(1 / 2 枚)

2013年12月30日、環球網によると、日本の安倍晋三首相が靖国神社を参拝したことについて、韓国朴槿恵(パク・クネ)大統領が安倍首相を厳しく批判した。

その他の写真

朴大統領は30日午前に行われた会議の席上で、「一流国家は高尚な品質を備えているべき。繰り返し国際社会の普遍的な価値観と人類の良心に背く国は、どんなに経済的な実力があっても一流国家とは呼べない」などと述べた。日本に直接言及しなかったものの、安倍首相の靖国参拝を批判しているのは明らかだ。

このニュースに中国のネットでは、さまざまな意見が出ている。以下はその一部。

「その通り!朴槿恵を愛している!」

「韓国の今回の発言には力がある。中国も学ぶべき」

「中国は実際に対抗措置を取るべき。いつまでもこのままではいけない」

「日本の経済は一流、品格は三流、政治家は四流」

「韓国は大統領が出てきて発言するだけいい」

「われわれは韓国の女性大統領の言葉に喜ぶだけ。中国は誰も発言する勇気がない」(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携