Record China

ヘッドライン:

金正恩氏の妹から批判受けすぐさま法案準備、韓国政府に大ブーイング「北朝鮮の子分?」

配信日時:2020年6月5日(金) 17時20分
拡大
4日、韓国・朝鮮日報は、北朝鮮の金与正氏が脱北者による北朝鮮へのビラ散布を批判した約4時間後に、韓国統一部が対策法案を準備していることを明らかにしたと報じた。写真は南北境界・板門店。

2020年6月4日、韓国朝鮮日報は、北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)氏が脱北者による北朝鮮へのビラ散布を批判した約4時間後に、韓国統一部が対策法案を準備していることを明らかにしたと報じた。

韓国の脱北者は先月、金正恩委員長を批判するビラを北朝鮮に向けて飛ばした。与正氏は朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」の談話を通じてこれを批判した。

与正氏は「こうした悪意に満ちた行為が『個人の自由』『表現の自由』のもとに放置されれば、近いうちに最悪の局面を見ることになるだろう」とし、韓国政府に対応を求めた。その上で開城(ケソン)工業団地の完全撤去、南北共同連絡事務所の閉鎖、南北軍事合意の破棄などに言及したという。

これを受け、韓国統一部の呂尚基(ヨ・サンギ)報道官は4日の定例会見で「北朝鮮へのビラ散布中断の法案を準備している」と明らかにした。この発表は、与正氏の談話から4時間半後に出たものだった。

呂報道官は「国境地域の環境汚染、廃棄物の回収負担など地域住民の生活環境を悪化させている。南北の防疫協力をはじめ、国境地域の国民の生命、財産に危険をもたらす行為は中断されなければならない」とした。ただ、具体的な時期については「はっきりとは言えない」と述べたという。

このニュースは韓国のネット上で注目を浴びており、数多くのコメントが寄せられている。「韓国政府は北朝鮮の金委員長のお世話で忙しいね」「国民の意見は気にも留めないのに」「北朝鮮の子分かよ」「韓国の統治者は北朝鮮にいたんだ(笑)」「どの国の大統領なの?」など文政権に対する大ブーイングが起こっており、「情けない」「失望した」など嘆き節まで登場している。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング