Record China

ヘッドライン:

日本が韓国から輸入した電動工具から大量の金塊!=韓国ネットで憶測飛び交う「日本はこれを機に…」

配信日時:2020年6月4日(木) 17時20分
拡大
2日、韓国・朝鮮日報は「日本が韓国から輸入した電動工具から大量の金塊が見つかった」と報じた。写真は中部国際空港。

2020年6月2日、韓国・朝鮮日報は「日本が韓国から輸入した電動工具から大量の金塊が見つかった」と報じた。

記事によると、名古屋税関は今年4月、愛知県常滑市の中部空港で韓国から輸入された電動工具の中に金塊18キログラムが隠されているのを発見、押収した。押収された金塊は時価約1億円相当で、電動工具数十個に分けて隠されていたという。

現在、名古屋税関と警察は関税法違反(密輸)などの疑いで当該輸入業者などの身元を調べている。

新型コロナウイルスの感染拡大により安全資産である金の需要が急増し、価格が高騰する中、差益を狙って密輸を試みたものとみられている。一般的に、海外から日本に金を持ち込むためには、税関に申告して消費税(10%)を支払わなければならないが、これを免れようとしたという。

これを受け、韓国のネット上では「尹美香(ユン・ミヒャン)が送ったんじゃない?(※元慰安婦支援団体の前代表で、寄付金をめぐる不正疑惑で物議を醸している)」「あちゃあ、北朝鮮に行くはずが日本に行っちゃったみたいだね」「日本は今回のことを機に輸出規制を正当化するつもりでは?」など憶測の声が上がっている。

また「韓国の税関は何してたの?これって職務怠慢じゃないの?」「国の恥だよ」との批判や、「早く日本から取り戻して」「最近日本が大変そうだから寄付してあげたんだよ」などさまざまなコメントが寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング