Record China

ヘッドライン:

EU「米国にはG7メンバー変更の権限ない」、ロシアの復帰に反対―中国メディア

配信日時:2020年6月3日(水) 19時20分
拡大
トランプ米大統領が自国で開くG7サミットにロシアなどを招待したい意向を示したことについて、EUのボレル外交安全保障上級代表は、枠組みを変える権限は米国にはないとし、ロシアの復帰に反対を表明した。

中国の華人・華僑向け通信社、中国新聞社の3日付報道によると、トランプ米大統領が今年後半に自国で開く先進7カ国首脳会議(G7サミット)にロシアなどを招待し拡大開催したい意向を示したことについて、欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表は2日、枠組みを一方的に変える権限は米国にはないとし、ロシアの復帰に反対を表明した。

ボレル氏は、オンラインでの記者会見で、米国は今年の議長国としてゲスト国を招待する権限はあるが、メンバーの変更や、形式を恒久的に変える権限は持っていないと述べた。

トランプ氏は5月30日、サミットにロシア、韓国、オーストラリア、インドを招待する考えを示していた。

ロシアは、2014年にクリミアを併合した後にG7から排除されている。

ボレル氏は、「G7メンバーは価値観や利益、コミットメントを共有している。志を同じくするパートナー間の協力は、このような困難な状況においてさらに重要だ」とした上で、「ロシアがG7に復帰するには方針を変更し、G7メンバーと有意義な議論ができるようになる必要があるが、現在はそうではない」とした。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<中華ボイス>G8で仲間はずれのロシア、溶け込むには日本のように打ちのめされ、ゼロからやり直せ―評論家

25日、中国の評論家は、「ロシアは約20年間、欧米諸国と協力関係を維持したが、結果はどうだろうか。他国から完全に受け入れられるには、日本のように徹底的に打ちのめされ、ゼロからやり直さない限り難しいだろう」と発言している。写真はロシアの赤の広場。

Record China
2014年3月25日 16時16分
続きを読む

ランキング