Record China

ヘッドライン:

ブルース・リーも賛同?ジャッキー・チェンら「国家安全法」支持、他界したスターも利用か

配信日時:2020年6月3日(水) 10時20分
拡大
ジャッキー・チェンを筆頭に、芸能界および関連団体から2605人が香港への国家安全法導入を支持する声明文を公表したことについて、ブルース・リーら他界したスターの名前も含まれると批判の声が上がっている。

ジャッキー・チェン(成龍)を筆頭に、芸能界および関連団体から2605人が香港への国家安全法導入を支持する声明文を公表したことについて、ブルース・リー(李小龍)ら他界した人気スターの名前も含まれていると批判の声が上がっている。

中国の全国人民代表大会(全人代)は先月28日、香港での反体制活動や外国からの介入を阻止することのできる国家安全法の導入を決定。「一国二制度」が形骸化し、言論や表現の自由が圧迫される可能性もある国家安全法だが、このほどジャッキー・チェンを筆頭に、芸能界や関連団体から2605人が連名で声明文を公表し、導入への支持を表明している。

支持を表明した人たちのリストについて、このほど中国版ツイッターで、故人が含まれていると指摘する声が上がった。鮮烈なカンフーアクションで世界中に名を轟かせたブルース・リー、アジアを代表する人気俳優だったレスリー・チャン(張国栄)、“香港版マドンナ”と呼ばれてカリスマ的存在だった歌手アニタ・ムイ(梅艶芳)が含まれているというもの。「故人まで利用する」と批判の声が高まっている。

他界したスター3人がリストに含まれているかどうかは、信ぴょう性を疑う声もあるが、昨年他界した粤劇の名優・陳汝騫がリストに名を連ねていることはすでに確認されている。このほか、複数の香港人タレントが相次いでSNSを通じ、声明文にサインしていないのにリストに名前が掲載されていることを訴えている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング