Record China

ヘッドライン:

慰安婦支援団体前理事長、議員就任で「私の存在が日本へのメッセージ」=韓国ネットから批判殺到

配信日時:2020年6月3日(水) 14時40分
拡大
2日、韓国メディアによると、尹美香議員が総選挙前に「私の存在が日本へのメッセージ」と語った。写真は元慰安婦に送られた手紙(日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯Facebookアカウントより)。

2020年6月2日、韓国・朝鮮日報は、尹美香(ユン・ミヒャン)議員が総選挙前、「『共に民主党』から比例代表での出馬を提案され、3時間で出馬を決定した」「私の存在が日本へのメッセージ」と語っていたと伝えた。

記事は、尹議員が4月3日に韓国の北朝鮮専門ネットメディア「統一ニュース」の取材に応じていたと報じ、内容を詳しく伝えている。それによると尹議員は、3月に与党「共に民主党」から「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」事務室に「候補を推薦してほしい」と要請があり、周囲の推薦を受けて自身の名前が挙がり、事務総長から連絡を受けたと経緯を説明。「(出馬を)3時間悩んで決めた」と明かした。これまでにも国会議員選挙や政権交代のたびに提案があったが、「正義連を離れるわけにいかない状況だった」ため、出馬には至らなかったという。「現在は状況も変わったため、これまでの経験を持って政界に進出しようと考えた」「日本による輸出規制措置という問題がある中で、自分が政界に入ること自体が、日本政府への強いメッセージになるだろうとも考えた」と明かしている。

また尹議員は、議員に当選した場合は「当然、外交統一委員会に入らなければならない」「慰安婦関連の真相究明、記念事業などを担当する女性家族委員会にも入る必要がある」と抱負を語っている。「外交統一委の方は私を負担に思うかもしれないが、私は日本とけんかをしたいわけではない」「多国間外交によって問題を解決していきたい。さまざまな国の議員と力を合わせ、日本政府や国連に向けて声を上げていく」などとも話しているという。

また、取材当時に写真を撮影した統一ニュースの記者は現在、尹議員の補佐官になっているという。

元慰安婦支援団体・正義連の前理事長である尹議員は最近、元慰安婦の告発により会計不正問題が物議を醸している。

そのため、この記事に韓国のネットユーザーからは「なんという民度の低さ。日本に対してみっともない」「この人のせいで、日本で『ずうずうしい韓国人の典型』と言われている」「日本が出した賠償金をずっと横取りするには、『嫌日』を盛り上げないといけないもんな(笑)」「元慰安婦のおばあさんたちを自分の年金のように利用している」「その座に居続けるべきではない。慰安婦被害者との関係も解決できないくせに、外交的な解決だと?」「韓国は、おばあさんたちのための国民からの寄付金を盗んだような人間でも国会議員になれる、汚れた国だ」など、怒りのコメントが殺到している。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング