Record China

ヘッドライン:

米国、抗議デモへの強硬姿勢、「まさか原子爆弾を使うなんてことは…」―中国紙編集長

配信日時:2020年6月2日(火) 20時40分
拡大
中国メディア・観察者網に、「米国の政治家の『ダブルスタンダード』について中国紙・環球時報の胡錫進編集長が問い掛けている」と胡氏の投稿を紹介する文章が掲載された。写真はデモ激化の米国。

白人警察官による暴行で黒人男性が死亡した事件への抗議活動が米国を揺るがしている。こうした中、中国メディア・観察者網に、「米国の政治家の『ダブルスタンダード』について中国紙・環球時報の胡錫進(フー・シージン)編集長が問い掛けている」と胡氏の投稿を紹介する文章が掲載された。胡氏はその中で、「まさか原子爆弾を使うなんてことはあるまい」ともつぶやいている。

胡氏は2日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、米国の現在と昨年香港で起きた大規模デモとを比較する文章を投稿した。ケンタッキー州ルイビル市で当局が抗議者を排除する際、発砲で1人が死亡したことに言及し、「香港では昨年、半年余りにわたる騒ぎが起きたが、現場で撃ち殺されたデモ参加者はいなかった。米国はわずか1週間で射殺が発生した」と指摘。米メディアの報道として「トランプ米大統領は抗議者に弱腰だと各州の知事を非難した」と述べ、同大統領やある上院議員の強硬な発言を紹介した上で、「こういう米国の政治家は本当に残忍だ。日ごろは仁義道徳を口にし、香港問題では警察の催涙弾使用すら非難した」「米国は騒動が起きてからわずかな時間しかたっておらず、平和的対話、解決の努力の試みもまだなされていないと言える。だが、警察は戦いの火ぶたを切り、大統領は地方に『強硬』を求めた。これが『民主の灯台』の真実の様子なのだろうか」などと論じた。

さらに、「彼らが他国の説教に使う『人権』はどこだ。生命へのいとおしみはどこにある」とたたみかけ、「彼らはこれまで他国の法律秩序維持に対する数多くの非難を行ってきた。あの『道徳的高みに立った』大言壮語はすべてうそだった。いざ自分の番になると彼らは『一切の手段』を講じねばならないのだ」と言明。仮に直面するのが現在の「組織されていない抗議者」でなく、「組織された転覆活動」だった場合、「彼らは何をするのか。まさか原子爆弾を使うわけではあるまい」と疑問を呈した。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング