Record China

ヘッドライン:

米国の中国起訴は根拠のない主張と政治目的=専門家

配信日時:2020年6月2日(火) 0時5分

世界各国が全力で新型コロナウイルスと戦っている最中に、一部の国家は力の限り中国を中傷し、ウイルスを政治化しようと企んでいます。感染症が発生して以来、米国の政治家は中国を非難し、中国に世界的感染症の流行に責任を負うよう求めました。これを受けて、一部の法学専門家は「米国による中国への起訴は根拠のない主張で、自らの政治目的からだ」と述べています。

 国連国際法委員会委員であり、外交部国際法コンサルティング委員会の黄恵康主任委員は、「突発的大規模な流行病、疾病の感染は法律上では不可抗力にあたる」との考えを示しました。そのうえで、「2009年豚を由来としたH1N1ウイルスが世界範囲で拡大する中、米国がウイルスの発生源と確定され、メキシコは感染症発生の最初の地となった。しかし、米国はメキシコに賠償責任を問うこともなく、他の国家が米国に賠償を求めることもしなかった」と述べました。

 武漢大学国際法研究所所長である肖永平教授は、「感染症が発生して以来、中国は公開的かつ透明性と責任ある態度で、感染症の情報を即時に発表し、余すことなくWHOと国際社会に感染症予防・抑制方法や治療経験を共有し、各側にできるだけ援助を提供してきた」と指摘しました。

 中国政法大学の霍政欣教授は「米国による中国への起訴は根拠がなく、米国国内の法律にも基づかず、事実にもそぐわない」とし、起訴は自らの政治利益を考慮したことによるものだという考えを示しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

数字で分かる中米両国の感染予防策の良し悪し=外交部

報道によりますと、トランプ大統領が5月29日の記者会見で、中国が新型コロナウイルス対策の不備で世界に苦難をもたらしたと再度中国を批判しました。これを受け、外交部の趙立堅報道官は6月1日に行われた定例記者会見で、「この見解は事実とまったく異なるものである。新型コロナウイルスの感染...

CRI online
2020年6月1日 23時45分
続きを読む

北京など各地で学校再開

中国の多くの地方で、学校が再開しました。6月1日、北京の高校1年と2年、中学1年と2年、小学校6年のあわせて40万人余りの生徒が学校での授業再開を迎えました。 このほか、北京では小学校4年と5年の学校再開は8日からとなっています。北京市教育委員会は、「生徒たちの健康や心理状態に...

CRI online
2020年6月1日 16時55分
続きを読む

【CRI時評】米国のWHO「脱退」は自他共に傷つける行為だ

現在、全世界が感染症との一致した戦いに最も苦労している時、米国のトランプ大統領は先日、「世界保健機関(WHO)が米国の求める改革の実施を拒否している」との理由で、米国はWHOとの関係を終了するとともに、WHOに納めるべき会費を別の面に差し向けると宣言した。この横暴で自傷行為的な...

CRI online
2020年6月1日 1時0分
続きを読む

崔天凱駐米大使、国家安全立法についてブルームバーグに文章発表

5月30日、米国駐在の崔天凱中国大使は世界のビジネスと経済情報などを発信するブルームバーグ・ニュースのネット版に「『一国二制度』の未来を確保、香港の安定と発展を取り戻す」と題した署名入り文章を発表しました。 崔大使は、「長期にわたって、香港は国家安全上では防御をしない状態のまま...

CRI online
2020年5月31日 19時55分
続きを読む

ランキング