Record China

ヘッドライン:

w-inds.緒方龍一の脱退、ファン多い中国でも衝撃

配信日時:2020年6月1日(月) 18時20分
拡大
日本の男性3人組ダンス&ボーカルユニット、w-inds.の緒方龍一が、「心身症」を理由に5月31日をもってユニットを脱退するとともに、所属事務所との契約を終了したことが発表された。

日本の男性3人組ダンス&ボーカルユニット、w-inds.の緒方龍一が、心理社会的ストレスの影響による「心身症」を理由に5月31日をもってユニットを脱退するとともに、所属事務所との契約を終了したことが発表された。

2001年3月にデビューしたw-inds.の人気は中華圏でも根強い。04年には初の海外単独公演を台湾で開催。その後も、中国・上海や香港、台湾でライブを開催し、各地でさまざまな音楽賞を受賞してきた。

緒方龍一のユニット脱退発表を受け、中国SNSの微博(ウェイボー)では、ファンからさまざまな声が寄せられている。

ファン歴17年というあるアカウントは、「脱退のニュースを聞いて複雑な気持ち。でも何よりも健康が大切。好きなサーフィンやアウトドアを楽しみながらゆっくり静養してください。(橘)慶太と(千葉)涼平が継続していくw-inds.をこれからも応援していきます」とのコメントを寄せていた。

また「19年間お疲れさま」「昨年の上海公演に行けなかったのをとても後悔」「あなたがくれたすべてのことに感謝」「いつの日かまた3人で同じステージに」などの声も上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング