Record China

ヘッドライン:

鉄塔上で闘争のサムスン解雇の男性、355日ぶりに土踏む=名誉復職で会社側と合意

配信日時:2020年5月30日(土) 19時20分
拡大
30日、韓国・YTNなどによると、サムスンを解雇されたのを抗議するため、鉄塔に上り300日以上居座って名誉復職などを求めていたキム・ヨンヒさんが29日、会社側との合意成立を受け、立てこもり生活を終えた。資料写真。

2020年5月30日、韓国・YTNなどによると、サムスンを解雇されたのを抗議するため、鉄塔に上り300日以上居座って名誉復職などを求めていたキム・ヨンヒさんが29日、同社と合意ができたとして、立てこもり生活を終えた。

1982年からサムスン航空の工場で働いていたキムさんは、労働組合の設立委員長として活動したという理由で、1995年5月に解雇されたのは不当だと主張して会社側と争いを繰り広げてきた。昨年6月10日からは、ソウル市内にあるサムスンの社屋近くの鉄塔に上り、立てこもり生活を続けてきた。

その後、両者の交渉はこう着状態が続いたが、サムスングループの事実上のトップで、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が6日に無労組経営を改める意思を表明すると状況が一変。サムスンは「両者合意の上で最終的な妥結をした」と発表し、問題を早急に解決できなかったことに対し、キムさんに謝罪した。

記事によると、キムさんが求めていた名誉復職と被害補償などについても合意したと見られるが、具体的な内容は明らかにされていないという。

キムさんは合意を受け、29日に鉄塔での立てこもり生活を終え、355日ぶりに地を踏んだ。

これに、韓国のネットユーザーからは、「公共物を無断で占有することは法的に許されるの?」「355日も鉄塔に上がって主張することが正しい行為だとは思えない」「塔から転落するようなことがあったらどうする?危険な行為だ」「このようなことに時間をかけるのならば、別の会社に再就職した方がよかったのでは?」などと批判の声が上がっている。

一方、「闘争の末、サムスンと合意できたことは喜ばしいことだ」「人生の3分の1を復職闘争に費やしたというのはすごい」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング