Record China

ヘッドライン:

トランプ大統領がWHO脱退を表明―米メディア

配信日時:2020年5月30日(土) 17時20分
拡大
30日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、米国のトランプ大統領が29日、WHOからの脱退を表明したと伝えた。写真はWHO本部。

2020年5月30日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、米国のトランプ大統領が29日、世界保健機関(WHO)からの脱退を表明したと伝えた。理由は、米国が要求した改革をWHOが行っていないからだという。

記事は、ホワイトハウスで行われた記者会見でトランプ大統領が、「中国は毎年4000万ドル(約43億1000万円)しか支払わず、米国は毎年4億5000万ドル(約485億円)を支払っているのに、中国はWHOを完全にコントロールしている」と語ったと伝えた。

その上で記事は、「トランプ政権はこの数カ月、WHOの新型コロナウイルス対策についてずっと批判しており、WHOが中国寄りで、世界に対して直ちに警鐘を鳴らさなかったことを非難している」と指摘した。

トランプ大統領は記者会見で、「世界はウイルスに関する答えを中国から得る必要がある。われわれは透明でなければならない。なぜ中国は武漢の感染者が全国各地へ行くことを禁止したのか?ウイルスは北京へは行っておらず、ほかの場所にも行っていない。しかし中国は、感染者が自由に米国や欧州を含む世界中を旅行することを許した」と語った。

記事はまた、「WHOはウイルスの大流行について中国を擁護し、各国の指導者が新型コロナの感染拡大初期に準備する時間を与え、中国のウイルス対策は重症急性呼吸器症候群(SARS)の時と比べて改善されたと称賛していた」と指摘した。

さらに記事は、米国はWHOの最大の援助国で、今年4月にはトランプ大統領がWHOへの資金拠出を一時凍結すると発表していたことを紹介。先週にはWHOのテドロス事務局長への手紙の中でトランプ大統領が、30日以内に実質的な改善が行わなければ米国は資金提供を恒久的に停止し、脱退も辞さないことを示していたと伝えた。

そしてトランプ大統領は29日、WHOが必要な改革を行っていないとして「WHOとの関係を断絶する」と発表。WHOに対する拠出金は、ほかの公衆衛生の活動に使うと明らかにした。

しかし記事は、「トランプ大統領がどんな機関に拠出するかは明らかにしておらず、米国議会がWHOへの拠出金の大部分について責任を負っている」と指摘。通常、大統領には一方的に国会による拠出金の方向性を変える権利はないという。

WHOは20日、米国が恒久的に拠出金を停止するなら、WHOによる緊急計画が大きな影響を受けるとの懸念を示していたと記事は紹介。WHOで緊急事態対応を統括するライアン氏は、「これは、世界で最も弱いグループへの基本的な衛生サービスに深刻な影響を与える。われわれは先進国の寄付提供者が、必要に応じて介入し、空白を埋めてくれると信じている」と述べていたと記事は伝えた。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

WHO年次総会の中国の提唱が反響を呼ぶ

第73回世界保健機関(WHO)年次総会が18日に開催されました。新型コロナウイルスとの戦いの肝心な時期に、大会は世界各国が団結を強化する機会をもたらしました。 開幕式では習近平国家主席が演説を行い、感染症への予防・抑制を強化する6項目の助言を提出し、世界協力を推し進める5つの措...

CRI online
2020年5月20日 16時10分
続きを読む

台湾地域がWHO総会に参加できない事態は民進党が引き起こした=外交部

外交部の趙立堅報道官は14日、北京での定例記者会見で、「台湾地域が世界保健機関(WHO)総会に参加できなくなる事態は民進党が引き起こしたものであり、こうなることは民進党にも分かっていたはずだ」と指摘しました。 報道によりますと、米国務院の報道官はこのほど、「WHOのテドロス事務...

CRI online
2020年5月14日 23時35分
続きを読む

ランキング