Record China

ヘッドライン:

トランプ大統領が香港の優遇措置撤廃を指示―米メディア

配信日時:2020年5月31日(日) 9時0分
拡大
30日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、トランプ大統領が香港の優遇措置撤廃を指示したと伝えた。写真は香港。

2020年5月30日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、トランプ大統領が香港の優遇措置撤廃を指示したと伝えた。

記事は、トランプ大統領が29日、ホワイトハウスで行った記者会見で、「香港に対する優遇策を撤廃する措置を取るよう指示した」ことを明らかにしたと紹介。これは、中国が「議論の的となっている法律」(国家安全法)を制定したことに対する反応だと伝えた。

トランプ大統領は、「今日発表する決定は、われわれと香港とが合意した全面的な協議に影響を与え、引き渡し条約から輸出管理、技術にまで及ぶ」と語っており、影響が広範囲にわたることを指摘。「香港が享受してきた優遇措置を取り消す」と述べている。

さらにトランプ大統領は、「直接または間接的に香港の自治権侵害に関与する中国本土及び香港の関係者に制裁を行うことも表明した」と記事は紹介。これは中国の香港に対する対応について米国が初めて制裁を科すことになると伝えた。

その上で記事は、1992年の米国香港政策法に基づき、金融取引、移民、及び貿易面で、米国の法律は香港に対してさまざまな優遇措置を取ってきたと指摘。これにより、米国と香港の年間貿易額は380億ドル(約4兆1000億円)にまで増加していたという。

しかし、中国が国家安全法を制定したことで、政治抗議活動の多くが刑事犯罪と見なされるようになるため、香港の民主自由が侵害されるものだとして米国の強烈な不満を引き起こしたと記事は分析。ポンペオ国務長官も、「香港はもはや高度な自治が維持されていない」と議会に報告していると記事は指摘した。

記事によると、中国側からは今のところ反応がないという。だが、駐米中国大使館は金曜日(29日)の時点で公式サイト上に「香港に関することは中国の内政問題であり、外部のいかなる干渉も認めない」との声明を出していると伝えた。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

西側の香港関連声明でも香港を守る決意は揺るがない

第13期全国人民代表大会第3回会議が開幕した5月22日、英国、カナダ、オーストラリアの3カ国は香港関連声明を発表し、中国の内政問題に公然と干渉しました。全人代年次会議が閉幕した際には、3カ国に米国を加えた西側4カ国が再び、香港の民意の主流を無視して、4カ国の香港関連声明を発表し...

CRI online
2020年5月29日 21時10分
続きを読む

香港国家安全法の立法は中国の内政=ラブロフ外相

ロシアのラブロフ外相は現地時間26日に行なわれた記者会見で、「香港で国家の安全を守る法整備を進めることは、中国の内政である。米国がこの問題について、中国にプレッシャーをかける姿勢は過去に見なかったことである」と述べました。 また、「ロシア側は、米国が香港をめぐって煽り立てた問題...

CRI online
2020年5月27日 15時35分
続きを読む

ランキング