Record China

ヘッドライン:

中国の女性アイドルグループが東方神起の楽曲を盗作?「権利侵害」ファンが各国語で訴え

配信日時:2020年5月30日(土) 21時20分
拡大
中国の女性アイドルグループのロケットガールズの最新曲が、韓国の音楽ユニット東方神起の楽曲「Love Line」からの盗作を疑われ、東方神起のファンがSNSを通じて各国語で訴える騒ぎに発展している。
(1/2枚)

中国の女性アイドルグループのロケットガールズ(火箭少女)の最新曲「11次心跳」が、韓国の音楽ユニット東方神起の楽曲「Love Line」からの盗作を疑われ、東方神起のファンがSNSを通じて各国語で訴える騒ぎに発展している。

その他の写真

11人組のロケットガールズは、中国版「PRODUCE 101」から2018年に誕生したアイドルグループ。活動期間は2年間限定のため、来月23日をもって解散が決まっているが、これを目前にこのほど新曲「11次心跳」をリリース。だが、同曲が東方神起の「Love Line」に似た部分があるとして、盗作の疑いを指摘する声が上がった。

これに対してロケットガールズの運営会社が29日、声明文を発表。2つの曲はいずれも音楽レーベル「Orio Music」が提供するデモ音源から生まれたもので、「Love Line」は「Goodbye forNow」および「Get Going」の2曲から、「11次心跳」は「1 love us」という楽曲から編集されたものであると説明し、盗作を否定。なお、「Orio Music」は東方神起やロケットガールズのほか、韓国の女性歌手BoAなどといった人気歌手に楽曲を提供している。

運営会社が否定したこの盗作疑惑だが、中国の東方神起のファンからの反発は続いており、SNSを通じて英語や韓国語、日本語などで「東方神起の正当な権利が侵害されている」とメッセージを拡散。これに対してロケットガールズのファンが、誹謗(ひぼう)中傷やサイバー暴力に当たるとして対抗姿勢を見せる騒ぎに発展している。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

東方神起の新曲MVの世界地図から「日本」が消された?一時大騒ぎに=韓国ネット「こんなミスある?」「日本で相当叩かれるな」

3日、毎日経済など複数の韓国メディアは、人気韓流アイドル・東方神起の新曲ミュージックビデオのワンシーンに登場する世界地図について「日本が削除されていたことが判明し、一時大騒ぎとなった」と報じた。資料写真。

Record China
2018年4月4日 14時50分
続きを読む

ランキング