Record China

ヘッドライン:

安倍首相の靖国参拝に冷静な声=「拝むなとは言えない」「批判する資格があるのか?」―中国版ツイッター

配信日時:2013年12月26日(木) 12時37分
拡大
26日、日本の安倍晋三首相が靖国神社を参拝した。中国版ツイッターには、問題視しないとのコメントも多数寄せられている。写真は日本の視聴者が報道を見ている様子。
(1/2枚)

2013年12月26日、日本の安倍晋三首相が靖国神社を参拝した。日本の首相による靖国参拝は2006年の小泉元首相以来、7年ぶりのこと。安倍首相はこれまで、中国・韓国への配慮から参拝を見送ってきたが、周囲に「年内には」と漏らすなど、参拝に意欲を見せていた。

その他の写真

このニュースは中国でも即座に報道されるなど、注目を集めている。「中国版ツイッター」と呼ばれる簡易投稿サイトには、問題視しないというコメントも多数寄せられている。以下は、その一部。

「安倍さんを支持する」

「自分のやるべきことをしっかりとやるのが王道」

「人が自分の祖先を参拝することに、われわれは関係ない。中国人は寛容に、過去のことは水に流そう」

「参拝したけりゃすればいいよ。たとえ憎い相手でも、本人の家族に拝むなとは言えない」

「人が祖先を拝むのは自由。子孫なのだから。彼らの祖先がかつての敵だからといって、自分の祖先を拝むのだけは良くて、相手はだめというのはおかしい」

「他人を批判する資格があるのか?中国が死に至らしめた自国民は、日本に殺された中国人よりも少ないのか?」

「中国は日本にかなわない。中国共産党はナショナリズムをあおって批判するような寝言を言うのは、何か意味があるのか?」(翻訳・編集/北田

関連記事

<中華ボイス>毛沢東の“生誕日”に靖国参拝、安倍首相の行為は「中国を侮辱」―ネットユーザー怒り心頭

26日、安倍首相の靖国参拝について中国のネットユーザーは、「26日は毛沢東の生誕記念日だ。安倍首相がこの日にわざわざ靖国を参拝することは、中国を軽視しており、中国国民と指導者を侮辱する行為にあたる」と憤りを露わにした。写真は靖国神社。

Record China
2013年12月26日 12時9分
続きを読む

安倍首相、靖国神社参拝へ―日本

26日、安倍晋三首相が政権の座に就いてちょうど1年。日本メディアは年内の靖国神社参拝は行わないとの見通しを伝えていたが、日本政府は26日、安倍首相が同日午前に靖国神社を参拝すると発表した。写真は靖国神社。

Record China
2013年12月26日 11時24分
続きを読む

中国は靖国参拝への批判を恥じる日が来る=小泉元首相

12日、小泉純一郎元首相は日本記者クラブでの講演で「首相による靖国神社参拝を非難するのは中国と韓国だけだ。中国は靖国参拝を批判するという大人げない対応をしたことをいつか恥じる日が来るだろう」と述べた。写真は靖国神社。

Record China
2013年11月14日 6時30分
続きを読む

ランキング