Record China

ヘッドライン:

韓国軍のずさんな海上警戒に不安の声、密入国ボートに2日気づかず

配信日時:2020年5月30日(土) 15時20分
拡大
28日、韓国・聯合ニュースは「密入国した中国製ボートに韓国軍が2日間気づかずにいた」とし、「ずさんな海上警戒に住民の不安が高まっている」と伝えた。写真は泰安の海沿い。

2020年5月28日、韓国・聯合ニュースは「密入国した中国製ボートに韓国軍が2日間気づかずにいた」とし、「ずさんな海上警戒に住民の不安が高まっている」と伝えた。

韓国の忠清南道(チュンチョンナムド)泰安(テアン)海洋警察署と軍当局が明らかにしたところによると、今月23日午前11時ごろ、中国人が密入国したと思われる1.5トン級のレジャー用モーターボート1隻が発見された。この船に乗っていた密入国容疑者8人は20日午後に中国山東省威海を出発し、21日に韓国の泰安沖に到着したことが分かっているという。

記事は「密入国者が海を渡ってきた20~21日にかけて、海上は波の高さが0.5~1メートルと穏やかで、遭難船を疑うのは難しい状況だった」としている。また、通常は密入国者関連の捜査は海洋警察が担当しているが、海岸線や海洋警戒任務は軍が担っており、「警戒がずさんだったとの指摘は避けられない」と指摘している。さらに、2日間も放置されていた船舶を発見して通報したのは地元住民だったという。

軍は当該海域と地域に対する警戒作戦については具体的に公開していないが、内部調査に着手したものとみられている。

これを受け、韓国のネット上では「軍隊の最も基本的な責務は警戒」「海軍出身としては、今の海軍が恥ずかしい」など軍の責任を問う声が上がっている。

また「現政権になってから、軍人らはただの集団生活する民間人になってきてる」「政権が代わってからどんどん不安が募っている。北朝鮮の顔色をうかがってばかりで安保が心配」など不安の声も寄せられ、中には「(警戒が)破られたというより、自ら開けてあげたんじゃなくて?」と皮肉たっぷりなコメントも。

その他「ゴムボートじゃレーダーでも見つけられない。海洋警察の規模を増やして監視して」「小型のゴムボートはレーダーじゃ発見できない。細かく監視するには、全国の海岸に監視塔を建てて人の目で見つけるしかない。前政権時代の海洋警察庁をなぜ解体したの?」との声や、「心配なのは、コロナに感染してて感染が広まること」と新型コロナ感染を懸念する声も出ている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

韓国の市長、日本への物資支援で解任の危機?

25日、韓国大統領府の国民請願掲示板で、新型コロナウイルス感染への対応の一環として奈良市と京都市に防疫物資を支援した慶州市の朱洛栄市長の解任を求める請願が注目を集めている。写真は韓国大統領府。

Record China
2020年5月25日 15時40分
続きを読む

ランキング