Record China

ヘッドライン:

日本が唾液によるPCR検査を開始=「日本はやはりすごい」「本当に正確なの?」中国でも高い関心

配信日時:2020年6月3日(水) 11時20分
拡大
日本で唾液によるPCR検査が許可されたことが、中国でも注目を集めている。写真は中国のPCR検査。

日本で唾液によるPCR検査が許可されたことが、中国でも注目を集めている。

中国メディアの澎湃新聞は2日、日本の報道を引用し、厚生労働省が同日から唾液によるPCR検査を許可したと伝えた。これまでは綿棒で鼻腔をぬぐう検体採取が行われていたが、飛沫(ひまつ)による感染リスクが高く、感染防止のための物資をそろえる必要もあった。唾液による検査により、医療機関のリスクや負担の軽減、検査体制の拡充が期待されるという。

同省によると、唾液によるPCR検査は発症から9日以内の患者で高い精度が確認された。検査の対象となるのは同期間内の患者になるという。

中国のネットユーザーも高い関心を寄せており、「便利で安全だ」「期待する!」「日本はこういうところはやはりすごい」といった声がある一方で、「本当に大丈夫?」「鼻の検査でも検体採取の技術が低ければ偽陰性が出るのに」「具体的な精度はどのくらいなんだろう」「確かに便利だが、正確性はどうなのか。本当に使えるのであれば、中国にも導入してほしい」など、精度に疑問を持つ声も上がった。

実際、日本の感染症専門家からは、医療従事者と患者の負担が軽減される一方で、検出率が低下する可能性もあるとの指摘も出ている。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング