Record China

ヘッドライン:

フィンランドが世界に「本物のサンタクロース」をアピール=中国が最初の地に選ばれる―豪メディア

配信日時:2013年12月25日(水) 18時25分
拡大
24日、フィンランドが「サンタクロース」を自国の“ブランド”としてアピールしていくことが正式に決まったと、豪メディアが報じた。売り込みは中国からスタートするという。写真はフィンランドのサンタクロース村。
(1/5枚)

2013年12月24日、豪メディアによると、クリスマスにあたって、北欧の国・フィンランドが「クリスマスのサンタクロース」を自国の“ブランド”として海外にアピールしていくことを決定し、その最初の地として中国が選ばれた。国際在線が伝えた。

その他の写真

フィンランドでサンタクロースの販売権を保有しているサンタクロースライセンシング社は「サンタクロースは子どもに喜びを運ぶと同時に、クリスマスだけでなく1年を通して世界中でビジネスチャンズを生み出す」とし、サンタクロースブランドを世界にアピールしようとしている。

同社とフィンランド政府観光局は、サンタクロースがゲームや国際イベント、テーマパーク、商品セールスなど、さまざまな面で巨大な利益をもたらすとしている。フィンランドはこれまで「サンタクロースの出身地」というイメージを十分に活用できていなかった。

フィンランドは現在、経済的に厳しい状況が続いており、政府予算も緊縮状態にあるが、サンタクロースブランドを支援するための予算30万ユーロ(約4200万円)は国会を通過しており、まずは中国でのサンタクロースブランド普及に使われるという。

このように官民一体でPRすることが決まったサンタクロースだが、フィンランドのシンクタンク・ETLAの担当者は「サンタクロースのイメージは著作権の保護を受けないので、市場価値はほぼゼロに等しい」と指摘している。また、サンタクロースに市場価値を付与しようとする動きにはフィンランド国内でも否定的な意見が少なくないという。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

中国系小学校教師、生徒に「本当はね、サンタさんはいないんだよ」=保護者から非難殺到、謝罪―米国

6日、米ニューヨーク州の小学校で教える中国系の女性教師(58)が授業中に2年生の児童に「本当はサンタクロースはいない」と話し、保護者から激しい非難が集中した。写真は09年12月、中国・上海の繁華街に現れたサンタクロース。

Record China
2011年12月7日 12時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング