Record China

ヘッドライン:

日本が涙で乳がん発見する新技術を開発!中国ネット「これはすごい!」と絶賛

配信日時:2020年5月27日(水) 21時20分
拡大
神戸大学の研究グループが涙で乳がんを早期発見する技術を開発したと発表したことが、中国のネット上でも話題になっている。中国の義乳の店。

神戸大学の研究グループが涙で乳がんを早期発見する技術を開発したと発表したことが、中国のネット上でも話題になっている。

報道によると、開発されたのは「TearExo(ティアエクソ)法」という技術で、がん細胞から分泌される「エクソソーム」を涙の中から検出するもの。ろ紙にしみこませた涙を精密機器で自動測定し、10~20分程度で結果が判明するという。研究グループは2021年度の実用化を目指すとしている。

中国メディアの海外網などが「日本が乳がん発見の新技術を開発」と題してこれを伝えると、中国のネットユーザーからは「本当に実用的だ」「涙で検査できるなんて、すごく便利」「これはすごい!乳がんは今や発症率の高い病気だから」「人類にとっての福音(良い知らせ)だ」「中国ではいつ導入されるのか」など、絶賛したり期待を示したりする声が相次いだ。

また、「日本はこういう部分では本当にすごいと言わざるを得ない」「日本の創造力、開発力は確かにすごい。中国人も頑張れ」「この前は、血液一滴でがんを検出できるっていうニュースがあった」など、日本の技術力を称える声も散見された。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本人はなぜ瓶を洗ってから捨てるのか?その真相を中国ネット絶賛=「日本を批判する資格なんてなかった!」「日本で一番感心したのは…」

9日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「日本人はなぜ瓶をきれいに洗ってから捨てるのか」と題する記事が掲載され、ネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2016年7月15日 7時50分
続きを読む

ランキング