Record China

ヘッドライン:

ノーベル賞受賞者「中国のコロナ統計に疑いの余地ない、偽装するならタイムマシン必要」

配信日時:2020年6月10日(水) 16時0分
拡大
2013年ノーベル化学賞の受賞者マイケル・レビット氏は、新型コロナウイルス感染症をめぐる中国の統計に疑いの余地はないとし、「中国が統計を偽装しているのなら、タイムマシンが必要」と語った。写真は武漢駅。

中国紙・北京日報の9日付報道によると、2013年ノーベル化学賞の受賞者で、米スタンフォード大学教授のマイケル・レビット氏は6日、ロシアのニュース専門局RTとのインタビューで、新型コロナウイルス感染症をめぐる中国の統計に疑いの余地はないとし、「中国が統計を偽装しているのなら、タイムマシンが必要だ」と語った。

レビット氏は、「中国の湖北省以外の地域の流行曲線は、ニュージーランドと同じだ。中国が統計を偽装しているのなら、タイムマシンが必要だ。中国にタイムマシンがあれば、どんな競争でも私たちを打ち負かしただろう」とした。

また、世界中の多くの国々で実施されたロックダウン(都市封鎖)やソーシャルディスタンシング(社会的距離の確保)が実際に病気のまん延の軽減に役立ったという見方に異議を唱え、「感染はロックダウンが発効する前にすでに拡大していた。そうした措置に従うことを人々が望んでいないことも、措置の効力を弱めた」「北イタリアやニューヨーク市でソーシャルディスタンシングが素晴らしく行われたとは思わない」と述べた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング