Record China

ヘッドライン:

米中貿易戦争で恩恵を受ける企業は韓国にある?=韓国ネット大喜び

配信日時:2020年11月2日(月) 14時20分
拡大
30日、韓国・朝鮮日報は「米中貿易戦争で恩恵を受ける企業が韓国にある」と報じた。写真は中国の天安門広場。

2020年10月30日、韓国朝鮮日報は「米中貿易戦争で恩恵を受ける企業が韓国にある」と報じた。

記事は、香港の市場調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケットリサーチの発表を伝えている。それによると、今年第3四半期のスマートフォンの出荷量は3億6660万台で、前期比32%増加した。前年同期比は4%減だが、新型コロナによる景気低迷が続く中、市場が回復傾向にあると評価されている。

韓国のサムスン電子は今年第3四半期に前期比47%増の7980万台を出荷して市場シェア22%で首位につき、1カ月ぶりに中国のファーウェイから首位の座を奪還した。米国がファーウェイへの半導体輸出を禁止する以前の昨年第3四半期には、ファーウェイが18%、サムスンが21%で市場シェアの差が3%という接戦を繰り広げていたが、今年はこの格差が8%に拡大したという。

今年第3四半期のサムスン電子の出荷量は、新たに発売した「Galaxy Note 20」シリーズと「Galaxy A」シリーズが売れ筋で前年同期比2%増。一方ファーウェイは5090万台で前年同期比1590万台減という結果に。前期(今年第2四半期)には市場シェア20%で1位を記録したが、今年第3四半期には14%まで減少した。米国の制裁により半導体の供給が途絶えたことで、大規模の「物量戦」が展開できなくなり、打撃を受けたものと分析されている。

米国のアップルは新製品の発売が今年第4四半期に見送られた影響で、市場シェアが3位から4位へと順位を下げたという。

これを受け、韓国のネット上では「この国で自慢できることはサムスンしかない」「サムスンのスマホが世界1位とは、本当に素晴らしい。これからの成長を期待したい」「グッジョブ。1位の座をこれからも守って」「(サムスンは)スマホ本体の値段がある程度高いから、売上げ面から見たらファーウェイやシャオミが同時にぶつかってきてもびくともしない」と喜びの声があちこちで上がっている。

一方で、文政権に対しては「サムスンはこんなに頑張ってるのに、文政権はサムスンをいじめてばかり」「サムスン1社が無能な政権より100倍働いてる。ありがとう」「もう少しだからサムスンファイト。文大統領の任期が終わったらさらに羽ばたくだろう」など皮肉たっぷりのコメントが。

その他に「中国勢の弱体化が韓国の生きる道。米国ファイト。(貿易戦争に)必ずや勝ってほしい」「正直言ってファーウェイは中国国内の需要が多い」「アップルはシャオミ(3位)にも負けたの?」などの声も見られた。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング