Record China

ヘッドライン:

<全人代>香港関連決議草案の審議入りで「大湾区の声」が論評

配信日時:2020年5月24日(日) 2時0分

「全国人民代表大会の香港特別行政区における国家安全を守る法制度と執行メカニズムの確立と健全化に関する決定(草案)」が、22日から北京で開幕した第13期全国人民代表大会第3回会議で審議入りしました。

 これを受け、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)傘下のラジオ局「大湾区の声」は論評の中で、「香港独立勢力や香港かく乱勢力に対し、国家の確固たる意志と強い決心を決して軽く見積もらないよう正式に告げる」と声を挙げました。 

 その中で、「香港社会と国際社会は去年、逃亡犯条例の改正をめぐる騒動を目にしている。暴徒たちは『香港独立』を公然と叫びながら、国旗・国徽を汚したり破壊したりし、暴力行為で警察の法執行に対抗し、香港を愛する市民や愛国有識者を攻撃した。これらの行為は国家の主権・安全・発展利益への由々しき危害であり、『一国二制度』へのあからさまな破壊である」と指摘しました。

 そのうえで、「全人代の速やかな行動は、『一国二制度』を守り、香港の繁栄・安定、国家の長期的安定を維持し、香港市民が平和的な暮らしに渇望する声に呼応するものである」と指摘しました。

 さらに、「文明社会では、義務の伴わない権利もなければ、責任の伴わない自由もない。香港社会がいち早く繁栄と発展の道を歩むことを心から願っていると同時に、香港独立勢力や香港かく乱勢力に対しては、抵抗をあきらめ、いち早く自省して立ち戻るよう呼びかける」と訴えました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<全人代>人民至上を貫き 暮らしの向上に努める=習総書記

習近平総書記は22日午後、第13期全国人民代表大会第3回会議の内蒙古代表団の審議に参加した際、「中国共産党の根幹と血脈は人民に由来するものだ。党が人民を団結させ、革命と建設、改革を執り行う根本的な目的は、人民の暮らしの向上にある」と強調しました。これに対し、代表らは「総書記の要...

CRI online
2020年5月24日 1時40分
続きを読む

<政協>習総書記が民間企業を激励

民間企業は中国の発展を推し進める不可欠な力です。中国では、50%以上の税収、60%以上の国内総生産は民間企業により貢献されています。 習近平総書記は23日午前、全国政治協商会議に出席している経済界の委員と座談した際、民間企業の功績を賞賛し、「中国という希望に満ち溢れた大地では、...

CRI online
2020年5月24日 1時35分
続きを読む

<政協>習総書記 社会主義の道では誰一人取り残されない

全国政治協商会議の年次総会が北京で開催されています。習近平総書記は23日に経済界委員の関連会議に参加し、みんなで豊かになる事を目指す社会主義の道では、農民を取り残してはならないと示し、「我々の世代には、普通の人々、とりわけ農民たちに手を差し伸べて支えたいという強い思いがある。社...

CRI online
2020年5月24日 1時30分
続きを読む

<政協>市場が決定的役割、計画経済への逆戻り否認=習総書記

全国政治協商会議の経済界委員が参加する関連会議では、「市場メカニズムの最適化から出発し、各生産要素の市場化した配置を推し進めるべきだ」という委員の発言を聴取したうえで、習総書記は、「市場に資源配置で決定的な役割を発揮させると同時に、政府の役割もより良く発揮させることは、中国共産...

CRI online
2020年5月24日 1時0分
続きを読む

<政協>中国は開放型世界経済を断固推進=習総書記

習近平総書記は23日、全国政治協商会議の経済界委員が参加する関連会議に出席し、「目下、世界で保護主義の動きが高まっているが、中国は多国間主義と国際関係の民主化を堅持し、開放・協力・ウィンウィンの姿勢で発展を図っている。中国は断固として経済のグローバル化を開放・包容・包摂・均衡...

CRI online
2020年5月24日 0時30分
続きを読む

ランキング