<政協>民間企業は難題解決の中で前進すべき=習総書記

CRI online    2020年5月23日(土) 23時40分

拡大

習近平中国共産党中央総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は23日午前、中国人民政治協商会議第13期第3回会議に出席している経済界の委員を訪ね、関連会議に参加し、意見を聴取しました。 席上、劉永好委員は民間企業がピンチをチャンスに変えることをめぐり発言しました。習総書記はそれを聴...

習近平中国共産党中央総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は23日午前、中国人民政治協商会議第13期第3回会議に出席している経済界の委員を訪ね、関連会議に参加し、意見を聴取しました。

 席上、劉永好委員は民間企業がピンチをチャンスに変えることをめぐり発言しました。習総書記はそれを聴取した後、「民間企業は中国という希望に満ち溢れた大地では、出だしは確かに荒れ果てていたものの、今日ではこれだけの規模にまで発展し、中国の特色ある社会主義にこれだけの貢献を払うようになっており、大変立派なことである。これからも不断に模索し、取り組みを続け、絶えず困難を乗り越えていくよう期待する」と述べました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携