Record China

ヘッドライン:

<全人代>数値目標の設定見送りは「むしろ責任ある姿勢」=日本学者

配信日時:2020年5月23日(土) 15時50分
拡大
江原規由 22日に北京で行われた第13期全国人民代表大会第3回会議で、李克強総理が政府活動報告の中で、国内総生産(GDP)の年間成長率に関する数値目標を示さなかったことについて、日本国際貿易研究所の江原規由チーフエコノミストは、CMG東京特派員のインタビューに対し、数値目標の設定...

江原規由

 22日に北京で行われた第13期全国人民代表大会第3回会議で、李克強総理が政府活動報告の中で、国内総生産(GDP)の年間成長率に関する数値目標を示さなかったことについて、日本国際貿易研究所の江原規由チーフエコノミストは、CMG東京特派員のインタビューに対し、数値目標の設定を見送ったことは「むしろ中国の責任ある姿勢とみられる」と示しました。

 2020年年初に起きた新型コロナウイルス感染症の感染拡大で、3月初旬に開催予定の全国人民代表大会と全国政治協商会議は日程を変更して今週、無事開幕し、世界から注目を浴びています。日本国際貿易研究所の江原規由チーフエコノミストは、政府活動報告に関する注目点について、感染症が中国経済に与えた影響と中国政府の今後の対応、また感染症が中国政府が掲げる「小康社会の全面実現」という目標に及ぼす影響が注目されていると指摘しました。

 その上で、江原氏は活動報告で言及した中国のこれまでの取り組みの中で、民生の改善、とりわけ脱貧困に多大な成果を挙げたことに注目し、「1100万人の貧困人口を減少させた」ことは、国連が2030年アジェンダーで掲げている「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に大きな示唆を示した」と高く評価しています。

 また、新型コロナウイルスの感染情勢や経済貿易に不確実性が大きく、中国経済が予測できない影響要素に直面していることから、今年は経済成長の数値目標を提示しなかったことについて、江原氏は「新型コロナ感染症で世界各国の経済の見通しが極めて不確実になりつつある中、GDP成長率を提示すること自体にあまり意味がなく、無責任と考えられる。成長率の未発表は、むしろ経済大国中国の責任ある姿勢ともみられる」と示した上で、政府活動報告で強調された『6つの安定』や『6つの保障』措置が「中国経済の具体的方向性が示されている」と評価しました。

 そのうえで、世界経済のガバナンスの行方が注目されている中、今年の政府活動報告で注目すべきことは、新インフラ投資の強化だと指摘しました。

 江原氏は、「新インフラ投資は、中国経済の三分の一以上を占めるデジタル経済のプラットフォームづくりといえる。今世界が5G やAIなどを主役とする第4次産業革命に入ったとされる中、デジタル経済の行方が、国際経済ガバナンスの行方を決める可能性が高い」と話し、デジタル経済における産業・サプライチェーンの創出と中国がその中で果たせる役割が注目されているとも指摘しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<全人代>人民は中国共産党の政権運営を支える底力=習総書記

中国の最高指導者である習近平中国共産党中央委員会総書記は22日、「人民は、中国共産党の政権運営を支える最大の底力だ」と示しました。 習総書記は同日、第13期全国人民代表大会第3回会議の内蒙古代表団の審議に参加した際、「中国の社会主義民主は人民の根本的利益を守るための、最も広範で...

CRI online
2020年5月23日 13時45分
続きを読む

<全人代>重要プロジェクト推進で効果的措置を=習総書記

全国人民代表大会の年次会議が北京で開かれています。習近平中国共産党中央委員会総書記は22日、内蒙古自治区から出席した代表らと共に政府活動報告を審議しました。 習総書記はその席上、「積極的に行動して、重要プロジェクトの推進と末端組織のガバナンス能力向上などの面で効果的な措置を講じ...

CRI online
2020年5月23日 13時40分
続きを読む

<全人代>人民の福祉増進は党幹部の最大業績=習総書記

全国人民代表大会の年次会議が北京で開かれています。習近平中国共産党中央委員会総書記は22日、内蒙古代表団の審議に参加した際、「中国共産党の幹部は必ず人民の福祉増進を最重要政治業績としなければならない。幹部の権力は党と人民に与えられたもので、党と人民のためにことをなすために使うべ...

CRI online
2020年5月23日 13時35分
続きを読む

中国開発のワクチン第1相試験、安全性と免疫誘導が確認

世界で最も評価の高い医学雑誌の「ランセット」は22日、中国の科学者21人による新型コロナウイルスワクチン第1相試験の結果に関する論文を掲載し、中国のチームが開発した世界初のアデノウイルス5型をベクターとしたワクチンは安全性の試験に合格し、人体で免疫反応の誘導が確認されたと発表し...

CRI online
2020年5月23日 13時20分
続きを読む

【CRI時評】死亡者数を細工する米政治家は絶体絶命のピンチ

米リベラル系ニュースサイト『デイリー・ビースト』は先日、トランプ米大統領とホワイトハウス感染症対策チームのメンバーが米国疾病予防管理センター(CDC)に対して、各州と協力して新型コロナウイルス感染症の死亡者数の算出方法を変更させようとしていると暴露した。ホワイトハウスの圧力の下...

CRI online
2020年5月23日 0時55分
続きを読む

ランキング