Record China

ヘッドライン:

成都金沙遺址博物館で聴覚障害の青年が古蜀文明を手話で解説 四川省

配信日時:2020年5月23日(土) 13時0分
拡大
2011年7月、先天的な聴覚障害をもつ安徽省合肥市出身の若者・史宇明さんが、四川省成都市にある金沙遺址博物館初の手話解説員として採用され、耳が不自由な来館者に手話による解説を行っている。

2011年7月、先天的な聴覚障害をもつ安徽省合肥市出身の若者・史宇明さんが、四川省成都市にある金沙遺址博物館初の手話解説員として採用され、耳が不自由な来館者に手話による解説を行っている。

今のところ、史さんは、成都市で唯一、多言語の手話による解説ができる解説員だという。中国新聞網が報じた。(編集KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング