Record China

ヘッドライン:

安心できるスクールバス!四川省大涼山の山奥を走る「鈍行列車」

配信日時:2020年5月23日(土) 15時0分
拡大
小中学生の登校が5月下旬、次々再開され、生徒たちが学校に戻ってきている。

小中学生の登校が5月下旬、次々再開され、生徒たちが学校に戻ってきている。四川省大涼山の山奥を走る「鈍行列車」の5633/4号にも再び賑やかになり、子供たちの笑い声や音読する声が車内に聞こえるようになっている。中国新聞網が伝えた。

各駅に停車し、乗車券も安いことから、この「鈍行列車」は、沿線住民の主な外出ツールとなっているだけでなく、大山に住む子供たちにとって「安心できるスクールバス」でもある。この列車は、山岳地帯の子供たちの成長や就学を見守り、大山から旅立つ生徒たちを常に輸送し続けている。(編集KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング