Record China

ヘッドライン:

働く二児をもつママの実態、「超絶パワー」の裏に何があるか

配信日時:2020年5月22日(金) 19時50分
拡大
新型コロナウイルス感染症の流行中に、安全で静かなオフィス環境を確保するため、85後(1985年から1989年生まれ)で二児のママの張欣さんは毎日、自家用車の中で7時間働いていた。

新型コロナウイルス感染症の流行中に、安全で静かなオフィス環境を確保するため、85後(1985年から1989年生まれ)で二児のママの張欣さんは毎日、自家用車の中で7時間働いていた。「中国青年報」が伝えた。

「一石二鳥の悪くない選択」という張さんは独立した企業コンサルタントで、一日に何回も電話会議を開かなければならない。車の中なら子どもに仕事を邪魔されることもないし、家族も仕事中の張さんに気を遣わなくて済む。

北京で暮らす若い二児のママの張さんは、時間をきっちりコントロールしている。毎朝8時から9時半まで子どもと一緒に朝食を取り、9時半から午後6時まで車の中で働き、昼ご飯は各自でなんとかすることにして、午後6時から11時までは家庭に戻り、11時を過ぎればスキンケアと仕事の時間になる。寝るのは深夜の2時から3時だ。

レストラン、サービス、金融プラットフォームなどの分野の顧客を抱える張さんは最近、仕事のプレッシャーが高まっている。企業が相次いで操業を再開するのにともない、企業の問題を解決するコンサルタントとして、感染症の影響で不確実になった経済情勢に直面するようになり、企業に正しい決定と戦略のアドバイスをするには、これまでより多くの努力が必要になったからだ。

張さんはこれまでいくつか仕事を変えている。テレビ局で経済番組のディレクターをしていたこともあれば、インターネット業界で起業を試みたことも、ベンチャー企業に勤めたこともある。現在のフリー形式の仕事には満足しており、仕事上の興味や関心にも合っており、より重要なことは子どもの世話をする時間がより多く取れることだという。

張さんには上は5歳、下は3歳の可愛い女の子が2人いる。感染症の影響で、幼稚園が休園になると、家にいる張さんは仕事をする時間がなくなってしまった。毎日々々、どちらが先におもちゃで遊ぶかとか、どちらかがどちらかのものを壊したとかいった争いごとや喧嘩をいさめるのに忙殺された。

昨年5月、人材募集サイトの智聯招聘が発表した「2019年働くママの生活状況調査報告」によると、働くママが職場復帰する重要な原因には、「女性にとって経済的自立がとても重要だから」、「社会とつながっていたいから」、「自分がよい状態でいたいから」などがあり、「経済的プレッシャーでやむを得ないから」も出産後に女性が職場復帰する重要な原因だという。

また同報告の調査研究データでは、働くママの60%近くが、「子どもは昼間は両親に面倒をみてもらい、夜は自分が面倒をみる」と答えた。「すべて自分が面倒をみる」は15.2%で、こうしたママ達はさらに気力が必要だ。

張さんがありがたく思うのは、自分の母親と義母が代わる代わる北京に来て子どもたちの面倒をみてくれ、張さんの負担をかなり軽くしてくれることだ。

同じく85後で二児のママの李琳さんは、張さんほど条件に恵まれていない。友人の目からみると、李さんは「謎めいた存在」だ。李さんが2人の子どもの面倒をみながら仕事を続けていられるのはどうしてかと、好奇心を抱く人は多い。「超すごい」、「スーパーママ」などは、ここ2年ほどの間に李さんがたびたび耳にしてきた賛辞だ。

李さんはこうした評価を耳にしつつ、「特別な力なんてない。昼間は子どもの世話をして、夜になると寝ないで働いているだけ」と話した。

李さんには2人の子どもがいて、上が5歳の男の子、下が2歳の女の子だ。男女そろっていて、多くの人にうらやましがられる。李さんはかつてメディアで働き、その後、脚本家に転じた。夫は隣の都市で働き、週末になると家に帰ってくる。普段は2人の子どもの食事や排泄まですべて李さんが一人で担う。幸い、会社に行く必要がなく、仕事の大半は家でできる。

李さんが上の子を出産した時は、義母がよく来て子どもの世話をしてくれた。しかし時間が経つうちに、自分と義母の子育て観の違いをすりあわせることができなくなってきた。義母は子どもを甘やかし、夫は普段家におらず、張さんも義母と言い争うわけにはいかない。最終的に李さんは自分で子どもの世話をすると決め、どんなに大変でもその方が子どもをしっかり教育できると考えた。

会社では毎週定例会議があり、李さんは上の子を幼稚園に送ると、下の子を連れて会議に出る。また普段の生活でちょっと外出する時は、上の子に携帯電話を持たせ、留守番して妹の面倒をみさせ、何かあれば電話をかけさせることにしている。

一児のママと比べ、二児のママは責任と圧力のため専業主婦になる割合がかなり高い。19年に育児情報サイトの育児網が精碩科技集団と共同で発表した「2019年二人っ子世帯マーケティング洞察報告」は、母親9837人を対象とした調査に基づいて、二人っ子のママの87%がは子どもに関して独特の責任を負い、そのうちの52%が専業主婦だと伝えた。

毎日2人の子どもの食事やトイレの世話と仕事に追われて、若い二児のママはいつも不安や鬱屈した気持ちを抱いている。李さんはマイナスのエネルギーが満ちてくると、大きなチョコレートをかじったり、あふれるほどのラー油をかけたタニシ麺を食べて、涙が出るまで辛さを味わったりするという。張さんは心が揺れ気持ちが乱れる時、大きくてフカフカのパンを食べると、「噛んでいるうちに強烈な満足感を得られる」といい、テレビドラマを続けて見て気を紛らわすこともあるという。

「食べる、動く、女友達に話を聞いてもらう、趣味に没頭するなどは、どれもマイナスの気持ちを解消するよい方法」だが、長春明心理コンサルティングセンターのカウンセラーの孟燦■(女へんに朱)さんによると、「マイナス心理を吐き出すのは一時しのぎであって状況は変わらず、根本的な問題の解決にはならない」と注意を促し、「働く二児のママにかかるさまざまなプレッシャーを解決する根本は、子どもをいかに上手に教育できるか、婚姻関係をいかにうまく維持できるかという点にある」と述べた。

孟さんのところには働くママからしょっちゅうSOSが来て、「どうやったら仕事と子どもの教育のバランスを取れるのか教えて欲しい」と頼み込まれるという。

孟さんは、「母親は子どもの教育をフルタイムの仕事のように考えている。仕事を続けるなら、一度に2つのフルタイムの仕事を抱え込んでいることになり、疲労は極に達するだろう。特に若い働く二児のママは、子どもがまだ幼児で、大きな子よりも手がかかる。条件が許すなら、家政婦を雇ったり、家族の高齢者に頼んで手伝ってもらうといい。無理なら、妻と夫で家事を分担するべきだ」とアドバイスした。

また孟さんは、「子どもの教育は夫婦2人の共同責任で、父親の役割も欠かせない。両親の結婚が幸せかどうかが子どもの性格を決める。夫婦が愛し合い、助け合っていればこそ、働く若いママは困難な時期を乗り越えやすくなる」と述べた。(編集KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング