日本と中国の本当の差はこんなところにある―中国メディア

Record China    2020年9月12日(土) 17時30分

拡大

10日、和訊網は、「中国と日本の本当の差は、知られざるこれらのソフトパワーにある」とする文章を掲載した。写真は読書する日本人。

2020年9月10日、和訊網は、「中国と日本の本当の差は、知られざるこれらのソフトパワーにある」とする文章を掲載した。

文章は、5つの分野に関するソフトパワーについて日中両国の比較を行っている。まず知力・教育の分野を取り上げ、チェスの世界ランキングや記憶力コンテスト、暗算コンテストといった部分では中国が日本を圧倒している一方で、基礎教育分野においては日本が中国を大きくリードしており、高等教育を受ける人の割合も日本が6年前の時点で6割に達していたのに対し、中国は昨年時点で4.1%と大差をつけられているとした。

2つ目の分野はノーベル賞の受賞分野と受賞者数とし、日本が01年からの約20年で19人の受賞者を輩出したのに対して、中国では理科学系の受賞者がわずか1人にとどまっていると伝えた。3つ目にはスポーツの普及レベルを挙げ、日本がサッカーだけでなくボクシング、レスリング、マラソンといった競技でも世界トップクラスの成績を収めているほか、生涯スポーツへの取り組みも盛んであり、高齢者の競技大会で世界記録を作るのは大概日本人だと紹介している。

4つ目として挙げたのは、モータースポーツの最高峰と言われるF1レースだ。世界で300人というF1ライセンス取得レーサーの中で、日本人が20人いるのに対して中国人はわずか1人であるとし、その背景の1つには自動車文化の乏しさがあると指摘した。

5つ目は、翻訳書籍の数である。中国では1978年から現在までに約1万4400冊の中国語書籍が多言語に翻訳され、約6万3000冊の外国語書籍が中国語に翻訳されてきたのに対し、日本では約2万9000冊の日本語書籍が翻訳され、実に13万冊を超える外国書籍が日本語に翻訳されていたと紹介。さらに、日本のソフトパワーを代表する漫画作品の海外での販売数を考えれば、両国の差が一層大きいことが分かるとした。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携