上海の繁華街に広がるM&M’Sのチョコワールド、チョコ好きにはたまらない世界をどうぞ!

フライメディア    2020年5月22日(金) 17時40分

拡大

5月20日はネットバレンタインデー。「520」の中国語の発音が「愛してる」に似ているので、ネットユーザーの間で話題になり、ここ数年で、このイベントが定着してきた。

(1 / 5 枚)

5月20日はネットバレンタインデー。「520」の中国語の発音が「愛してる」に似ているので、ネットユーザーの間で話題になり、ここ数年で、このイベントが定着してきた。ロマンチックで甘~い話題にちなんで、今回は、上海にあるチョコレートワールドについて紹介する。

その他の写真

上海でチョコ好きにはぜひ訪れてほしいお店がある。それが、『お口でとろけて手にとけない』でおなじみ、アメリカ発チョコレート「M&M’S(エムアンドエムズ)」の専門店「m豆巧克力世界(M&M’S World)」だ。ちなみにこの店舗は、2020年2月現在で、アメリカ3店舗、イギリス1店舗と中国・上海1店舗の世界に5店舗だけで、日本には未上陸。

店内に入ると、まるでM&M’Sのテーマパークのようなファンタジーでポップな世界が広がり、ワクワク感でいっぱいになる。特に、カラーグラデーションが美しい「チョコレート長城」と呼ばれるコーナーは大人気。量り売りで販売しているが、スタッフが手にもつビニール袋を受取り、お好みでカラーチョコレートを詰め合わせる。どんな色の組み合わせにしようか?と、目はキラキラ!大人から子供まで楽しめる。

もちろん、このSNS映えするスポットを若者が見逃すはずなく、カラフルな美しいチョコレートをバックに撮影する姿も多く、チョコレートが少し取りづらいときもある。M&M’Sチョコレートと言えば、真っ先に思い浮かぶのが、“濃くてはっきりしたビビッドカラー”。でも、ここには、可愛いパステルカラーもあり、見ているだけで乙女キュートなチョコレートがたっぷり!

上海観光のリピーターには、定番のお土産以外に、喜ばれるお土産としておすすめ。購入したパステルカラーのチョコレートを小分けにすればバラマキ土産としても最強!?

また、ここでは、1粒1粒のチョコレートにオリジナルメッセージがいれられる「DIY」コーナーもあるので、自分だけのオリジナルM&M’Sをつくるのも旅の記念になるかも。

そのほか店舗は、1階と2階のフロアに分かれ、チョコレートだけではなく、中国らしいパンダの着ぐるみを着たM&M’Sのキャラクターやマグカップ、文具類なども販売されている。上海限定グッズもあるので、チョコレート以外でこれ!というお土産が見つかりそうだ。

店舗は、上海屈指の繁華街である「南京東路」にあるので、バンド(外灘)観光のついでに立ち寄るのも良い。(提供/フライメディア)

この記事のコメントを見る

※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「上海の繁華街に広がるM&M’Sのチョコワールド」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携