Record China

ヘッドライン:

「朴大統領は日本批判をやめよ!」=日韓は手を取り合うべき、中国は期待できない―韓国メディア

配信日時:2013年12月20日(金) 17時4分
拡大
19日、北朝鮮の脅威にさらされている日韓は、本来なら密接な協力関係を築くべきだが、いまだに首脳会談は開催していない。朴槿恵大統領の当選から1年が経っており、現状は異常事態だといえる。写真は大韓民国臨時政府旧址。
(1/2枚)

2013年12月19日、北朝鮮の脅威にさらされている日韓は、本来なら密接な協力関係を築くべきだが、いまだに首脳会談は開催していない。朴槿恵(パク・クネ)大統領の当選から1年が経っており、現状は異常事態だといえる。韓国・東亜日報中国語サイトが伝えた。

その他の写真

日韓関係が停滞する一方で、韓国は中国との友好関係を強調し、日本も秋ごろから中国の日本に対する態度に緩和の兆候が見られると、関係改善に期待を抱いていたが、結局中国が東シナ海に設定した防空識別圏により、両国の期待は肩透かしに終わった。

そのため、日韓は両国の関係改善を考える必要がある。両国の関係改善には、まず朴大統領が両国にとって最大の障壁である慰安婦問題における日本への攻撃をやめるべきだ。日韓は1年半後に国交正常化50周年を迎えるため、両国はこれを目標に問題を一つ一つ解決していく必要がある。その第一歩を踏み出せるのは両国の首脳だけだ。(翻訳・編集/内山

関連記事

韓国が日本の「竹島領有権主張」に抗議、「何度言っても直らない」―中国メディア

19日、長沙晩報によると、韓国外交部北東アジア局の朴俊勇局長は18日午前、在韓国日本大使館の倉井高志総括公使を呼び、日本が17日に公布した国家安全保障戦略の中で、竹島の領有権が主張されていたことに対して抗議し、撤回を要求した。資料写真。

Record China
2013年12月19日 16時16分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング