旭日旗を連想?韓国で「鬼滅の刃」に批判相次ぐ

Record China    2020年5月21日(木) 20時40分

拡大

週刊少年ジャンプで連載され、人気を博した吾峠呼世晴による漫画「鬼滅の刃」は韓国でも大きな注目を集めた。

週刊少年ジャンプで連載され、人気を博した吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)による漫画「鬼滅の刃」が18日発売の24号で最終回を迎えた。

「鬼滅の刃」は16年2月にジャンプでの連載がスタート。物語の舞台は大正時代の日本で、家族を鬼に惨殺された主人公の炭治郎が、唯一生き残ったものの鬼に変貌した妹を人間に戻し、鬼を討つために壮絶な戦いに挑むストーリー。日本では昨年放送されたアニメがきっかけで人気を集め、原作単行本の累計発行部数は6000万部を突破した。

同漫画はお隣の韓国でも大きな話題となっていた。アニメが放送された昨年にはソウル弘大にコラボカフェが登場し、多くの人が詰めかけたという。先月にはタイトルやストーリー、主人公の姿が酷似したスマートフォン用ゲームアプリまで登場。会社側は盗作疑惑を否定したが、ユーザーから抗議が殺到し、結局はサービス中止となった。

また、思わぬところでも注目を集めた。ネット掲示板を中心に「主人公のピアスの柄が旭日旗を連想させる」として批判や指摘の声が相次いだ。韓国で旭日旗は「軍国主義」を象徴するものとしてタブー視されている。そのため、アニメはピアスの柄を変更して放送されたという。(編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携