Record China

ヘッドライン:

Dream Girlsパフ・クオ「整形否定」も「喫煙の過去」、韓国進出の計画も―台湾

配信日時:2013年12月20日(金) 11時32分
拡大
1/2枚
2013年12月19日、台湾の人気ガールズユニットDream Girlsのパフ・クオ(郭雪芙)が、美容整形疑惑と喫煙について語った。聯合報が伝えた。

その他の写真

2011年に結成されたガールズユニットのDream Girls。メンバーはティア・リー(李毓芬)とパフ・クオ、韓国人タレントのエミリー・ソン(宋米秦)の3人だ。当初はもともと人気だったティアが看板だったが、今年は一気に勢力関係に変化があった。パフがドラマ出演をきっかけに人気沸騰し、男性情報誌「FHM(男人幇)」台湾版では、「セ クシー美女100人ランキング」の1位につけた。日本で放送中の主演ドラマ「王子様をオトせ!」も好評だった。

人気急上昇をきっかけに、スキャンダラスなうわさも浮上している。過去写真との対比で目や鼻の美容整形が疑われるほか、デビュー前の高校生時代にタバコを吸っていたというもの。19日、歌謡イベントのリハーサルに登場したパフは、取材記者に鼻を触らせて整形疑惑を否定した。しかし喫煙については否定せず、学生時代に約1年間吸っていたと自ら告白している。

来年は韓国進出も話題のDream Girls。まずはメンバーのエミリー・ソンが韓国ドラマに出演し、その話題性に乗じて進出が計画されているとか。言葉の壁があり台湾では目立たないエミリーだが、パフは「まず彼女に頑張ってもらって、それに便乗したい」と進出への抱負を語っている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング