Record China

ヘッドライン:

トランプ氏、ツイッターで中国を痛烈批判「世界的な大規模殺人」

配信日時:2020年5月21日(木) 12時30分
拡大
20日、仏国際放送局RFIの中国版サイトは、米国のトランプ大統領がTwitterで「世界で大規模殺人を引き起こした」と中国を名指し批判したことを報じた。

2020年5月20日、仏国際放送局RFIの中国版サイトは、米国のトランプ大統領がTwitterで「世界で大規模殺人を引き起こした」と中国を名指し批判したことを報じた。

記事によると、トランプ大統領は米国時間20日に「中国のおかしなヤツが、数十万人の命を奪ったウイルスは中国以外の全ての人の責任によるものだと言っているが、こいつに説明してほしい。『原因はほかならぬ中国の無能にあり、それが世界的な大規模殺人を引き起こしたのだ』と」とTwitter上で発言した。記事は、「これまでトランプ大統領が中国やWHO(世界保健機関)の責任を主張してきた中でも、今回のツイートは最も厳しい批判だ」と伝えた。

米華字メディア・多維新聞は20日、トランプ大統領のツイートに対して中国政府系メディア環球時報の胡錫進(フー・シージン)編集長がTwitter上で「中国でそんな話をするおかしなヤツがいるなど聞いたことがない。それゆえ、この人物が虚構ではないか、そのモデルがあなた(トランプ大統領)のチーム内にいる誰かではないかと疑う理由がある。あなたのチームにはうそつきがあまりにも多い」と反応したことを報じた。

また、トランプ大統領の発言に先立ち、中国外交部の趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官が中国時間20日に「国際社会は、米国による事実の歪曲(わいきょく)、矛盾、責任転嫁、国際的なウイルス対策協力の破壊といった行為について賛同しかねている。米国の一部政治家が反省し、政治的ないたずらをやめ、より多くの命を救うことに精力を注ぐよう忠告する」と述べたことを伝えた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング