Record China

ヘッドライン:

韓国、故ク・ハラの兄が涙の訴え=「ク・ハラ法」成立ならず

配信日時:2020年5月23日(土) 21時20分
拡大
22日、韓国・朝鮮日報は、昨年11月に亡くなった元KARAのク・ハラさんの実の兄が国会を訪れ、涙ながらに「ク・ハラ法」の成立を訴えたと報じた。写真はク・ハラさん。

2020年5月22日、韓国・朝鮮日報は、昨年11月に亡くなった元KARAク・ハラさんの実の兄が国会を訪れ、涙ながらに「ク・ハラ法」の成立を訴えたと報じた。

「ク・ハラ法」は、親が扶養義務を怠った場合、子どもの財産を相続できないようにするのが主な内容。現行法では、配偶者がおらずに死亡した子どもの財産は、実父と実母が半分ずつ相続するように規定されている。

ハラさんの死後、約20年前に家を出た実母が現われ、ハラさんが残した財産の半分を要求すると、実兄のク・ホインさんは「親権と養育権を放棄した母には相続資格がない」とし、今年3月に国会に立法申請を提出していた。この申請は10万人の同意を得て法制司法委員会に送られたが、第20代国会の最後の会議である20日の本会議にはかけられず、「ク・ハラ法」の成立はならなかった。

ホインさんはこの日、記者会見を開いて「幼い時に捨てられ、寂しさと懐かしさで苦しんだ私と私の家族のような苦しみが繰り返されないように、第21代国会では『ク・ハラ法』が可決されなければならない」と訴え、「法ができても私たち家族には適用されないが、愛する妹に与えられる最後のプレゼントだと思う」と述べたという。

これを受け、韓国のネット上では「いつかク・ハラ法が通過しますように」「どうか立法化して、心ない人間がお金を持って行けないようにして」と法の成立を願う声や、「子どもを捨てた母親がなんで現われるの?」「ク・ハラが借金を残していたら、母親は現われたかな?恥を知るべき」「ク・ハラがかわいそう。それでも母親だと思って生きていただろうに」など母親への非難の声が上がっている。

一方で、ホインさんに対しても「遺産を独り占めしようと思っているのかな?」「申し訳ないけど、家庭の問題は家庭で解決して」「死んだら(その人の)名前を取って法をつくるのがはやりなの?」「故人の死は残念だけど、こういう時だけ国会を訪れるのはやめて」など厳しい意見が出ている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング