Record China

ヘッドライン:

4月の訪日客99.9%減の2900人=中韓わずか500人、コロナ禍が直撃―5月以降も不振続く見通し

配信日時:2020年5月20日(水) 18時0分
拡大
4月の訪日客数は前年同月比99.9%減の2900人だった。政府は2020年に訪日客4千万人の受け入れを目指しているが、1~4月の実績で400万人弱。目標のわずか1割の水準。写真は閑散状況の横浜中華街。

2020年5月20日、日本政府観光局が発表した4月の訪日客数は前年同月比99.9%減の2900人だった。7カ月連続で前年同 月を下回った。また、単月の訪日客数としては、統計を取り始めた1964年以降、過去最少。新型コロナウイルス感染症の拡大により、(1)多くの国において海外渡航制限や外出禁止等の措置が取られた、(2)日本でも検疫強化、査証(ビザ)の無効化などの対象国が拡大した―ためで、訪日客数は、ほぼゼロに近い水準に落ち込んだ。マイナス幅は93%だった3月からさらに拡大した。

国・地域別で見ると、昨年の4月に約72万人を記録した中国がわずか200人、約57万人が訪れていた韓国は300人にとどまった。両国は2019年の実績で訪日客の半分近くを占めていた。台湾や香港もほぼ100%減少した。

アジア以外で訪日客が最も多い米国は99.8%減の300人、感染拡大が続くイタリアやドイツからの訪日客は10人未満だった。

政府は2020年に訪日客4千万人の受け入れを目指しているが、1~4月の実績で400万人弱。目標のわずか1割にとどまっている。

5月についても、緊急事態宣言発令下で、海外との航空便や船便が大幅減便となっているため、訪日客の極端な不振は続きそうだ。観光・ホテル・運輸業界は苦境からの脱出は見込めない。

世界的に新型コロナの収束時期が見通せない中、成長戦略として訪日客の拡大に注力してきた日本の観光政策は岐路に立たされている。(八牧浩行)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング