Record China

ヘッドライン:

慰安婦支援団体の前理事長が会見、「反日感情を刺激し利用」と批判

配信日時:2020年5月31日(日) 12時30分
拡大
29日、韓国メディアによると、元慰安婦支援団体の前理事長で、4月の総選挙で当選した尹美香氏が会見を開き、自身をめぐる疑惑を否定し、議員就任を引責辞退する考えがないことを示した。写真はナヌムの家。

2020年5月29日、韓国メディア・韓国経済によると、元慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連、旧・挺対協)の前理事長で、4月の総選挙に与党系比例代表として出馬し当選した尹美香(ユン・ミヒャン)氏が同日記者会見を開き、自身をめぐる疑惑を否定。翌日に控えた議員就任を引責辞退する考えがないことを示した。

尹氏は会見で、「安城(アンソン)市の建物を相場より高額で購入した疑惑」「マンション購入資金の出どころをめぐる疑惑」などを全て否定した。個人名義の口座で寄付金を募っていたことに関しては「一部ずさんな点があった」と認めたが、その他の疑惑については「事実のわい曲」だと主張した。また、「国民に『十分だ』と判断してもらえるまで、一点の疑惑もないよう(疑惑を)明らかにしていく」「『2015年の慰安婦問題韓日合意は正当なものだった』という主張が再び漏れ聞こえている。二度とそのような屈辱の歴史が繰り返されることがないよう努力する」と、今後の議員活動への抱負を述べた。

記事は、尹氏が会見の中で、「慰安婦合意は屈辱の歴史」「責任を持って働く」「議員活動をもって、もつれた糸をほぐしていきたい」と述べていることを指摘。こうした発言について「反日感情を刺激し、自身の疑惑に関する逆転のカードとして利用しているのでは」という批判の声が上がっていると伝えている。ある野党関係者は「国民感情を刺激し事態を反転させようとしている。反省していないということだ」と尹氏を非難している。未来統合党のファン・ギュファン副報道官も「国民の前で頭は下げたが、態度は堂々としていた。謝罪はしたが反省はなかった」「疑惑を晴らす釈明はなく『今日さえ乗り切ればいい』という考えがにじみ出ている会見だった」と、尹氏を非難する論評を出したという。

この記事について、韓国のネットユーザーからは「そんな話はいいから、寄付金を横取りしたのかどうなのか説明してよ」「弱者の味方を装いながら食い物にした、ハイエナども」など、尹氏と正義連への批判が殺到している。

特に「尹美香と正義連は日本より悪い。おばあさんたちを利用して私利私欲を満たそうなどと、よく考えついたな」「朴槿恵(パク・クネ前大統領)は日本からカネを引き出した。あなたたちはおばあさんたちを利用し、甘い汁を吸った。日本よりも悪質だ」「朝鮮戦争で多数の死傷者を出しても補償と謝罪をするどころか核を持って武装しミサイルを撃ってくる北朝鮮と、植民地支配をしたとはいえ何度も謝罪と補償をしてきた日本。自分も反日だけど、たちが悪いのはどっちだろうな?」など、「日本以上に悪質」だという怒りのコメントが多く見られた。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング