韓国で葬儀指導士が安置室に侵入し遺体の口から金歯抜き盗む=中国ネット「不敬」「職業倫理はどこへ?」

Record China    2020年5月21日(木) 0時20分

拡大

韓国でこのほど、深夜に遺体安置室に侵入し、用意していたペンチを使って三つの遺体の口の中から金歯計10個を抜いた葬儀指導士の男が、通報を受けて駆けつけた警察官に逮捕されたことが、中国でも注目されている。

韓国・釜山でこのほど、深夜に遺体安置室に侵入し、用意していたペンチを使って三つの遺体の口の中から金歯計10個を抜いた葬儀指導士の男が、通報を受けて駆けつけた警察官に逮捕されたと、時間視頻や環球時報など中国の複数のメディアが18日付で伝えている。

防犯カメラの映像によると、男は14日午前3時30分ごろ、遺体安置室に侵入し、遺体の保管冷蔵庫を開け、用意していたペンチを使って、約10分間に三つの遺体の口の中から金歯計10個を抜いた。

男は警察の調べに対し、「収入が不安定で生活に困っていた」と供述しているという。男は以前にも遺体からネックレスを盗んだことがあった。

韓国・聯合ニュースによると、抜き出された金歯は1個あたり2〜5万ウォン(約1700~4300円)で市販されているという。

これについて、中国のネットユーザーからは「さすがにこれはいけない」「不敬すぎる」「職業倫理はどこへ?」「世界は広く、不思議なことはいくらでもある」「万一かみつかれたら…」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携