Record China

ヘッドライン:

韓国で葬儀指導士が安置室に侵入し遺体の口から金歯抜き盗む=中国ネット「不敬」「職業倫理はどこへ?」

配信日時:2020年5月21日(木) 0時20分
拡大
韓国でこのほど、深夜に遺体安置室に侵入し、用意していたペンチを使って三つの遺体の口の中から金歯計10個を抜いた葬儀指導士の男が、通報を受けて駆けつけた警察官に逮捕されたことが、中国でも注目されている。

韓国・釜山でこのほど、深夜に遺体安置室に侵入し、用意していたペンチを使って三つの遺体の口の中から金歯計10個を抜いた葬儀指導士の男が、通報を受けて駆けつけた警察官に逮捕されたと、時間視頻や環球時報など中国の複数のメディアが18日付で伝えている。

防犯カメラの映像によると、男は14日午前3時30分ごろ、遺体安置室に侵入し、遺体の保管冷蔵庫を開け、用意していたペンチを使って、約10分間に三つの遺体の口の中から金歯計10個を抜いた。

男は警察の調べに対し、「収入が不安定で生活に困っていた」と供述しているという。男は以前にも遺体からネックレスを盗んだことがあった。

韓国・聯合ニュースによると、抜き出された金歯は1個あたり2〜5万ウォン(約1700~4300円)で市販されているという。

これについて、中国のネットユーザーからは「さすがにこれはいけない」「不敬すぎる」「職業倫理はどこへ?」「世界は広く、不思議なことはいくらでもある」「万一かみつかれたら…」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国の病院で“遺体”が呼吸し生き返る、「医学的に説明つかぬ」と医師も当惑=韓国ネット「今まで霊安室で死んでいった人もいるのかも…」

11日、韓国・チャンネルAが、死亡判定を受けた患者が遺体安置所に入る直前に生き返ったというニュースを伝えた。蘇生措置をはじめ通常の措置を行った後に生き返ったというミステリアスなニュースに、韓国のネットユーザーの声もさまざまだ。資料写真。

Record China
2017年5月16日 9時50分
続きを読む

中国で火葬の様子が動画配信され物議、火葬場は従業員配信説を否定―中国メディア

29日、中国のネット上で、火葬場の男性従業員が遺体が焼却される様子などを撮影した動画を大量に配信しているとして物議を醸した問題で、火葬場の関係者は、動画を配信したアカウントは従業員のものではないことが初期段階の調査で確認されたと説明した。

Record China
2016年11月30日 16時50分
続きを読む

ランキング