Record China

ヘッドライン:

インドスマホ市場を失いつつある韓国サムスン―中国メディア

配信日時:2020年5月19日(火) 8時50分
拡大
中国メディアの第一財経は18日、「インドのスマートフォン市場を失いつつあるサムスン」とする記事を配信した。資料写真。

中国メディアの第一財経は18日、「インドのスマートフォン市場を失いつつあるサムスン」とする記事を配信した。

記事はまず、インドのスマートフォン市場について、中国ブランドOPPOから分離したRealmeのインド販売業務責任者の話として、「四つの中国ブランド(Xiaomi、Vivo、Realme、OPPO)が一つの韓国ブランド(Samsung)を蚕食している」と伝えた。

続いて、調査会社Canalysによると、2020年第1四半期のインドのスマートフォン市場(出荷台数)のシェア上位5ブランドは、Xiaomi(1030万台、30.6%)、Vivo(670万台、19.9%)、Samsung(630万台、18.9%)、Realme(390万台、11.7%)、OPPO(350万台、10.4%)の順だったこと、19年第1四半期のシェア上位5ブランドは、Xiaomi(950万台、31.4%)、Samsung(730万台、24.4%)、Vivo(450万台、15.0%)、OPPO(280万台、9.5%)、Realme(130万台、4.5%)の順だったことを紹介した。

そして、20年第1四半期のシェア上位5ブランドの状況について、「Xiaomi、Vivo、Realme、OPPOは前年同期から出荷台数を伸ばしたのに対し、Samsungだけは減らした。これがシェア3位への転落につながった」「Vivoは670万台を出荷してシェアは20%近くにまで迫り、Samsungの18.9%を上回った」「Realmeは前年同期比200%増を記録した。RealmeはXiaomiと同様にブランド立ち上げ当初からオンラインを主要な販売チャネルとし、インドのEコマース最大手FlipkartはRealmeの最も重要な販売チャネルになっている」「Samsungはインドで早々とオフラインの販売チャネルを構築し、成功の基盤としてきた。だがオンラインの販売チャネルの開拓は少し遅れた。ライバルが16~17年に着手したのに対し、Samsungは19年に入ってからだ」などと伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング