Record China

ヘッドライン:

<サッカー>“飛び蹴り”中国選手から謝罪、橋岡の対応を中国ファン称賛「器が大きい」「プロとしての素養」

配信日時:2020年5月18日(月) 11時30分
拡大
浦和レッズに所属するDF橋岡大樹が中国選手からの謝罪を受け入れたことが、中国のネット上でも大きな話題になっている。

浦和レッズに所属するDF橋岡大樹が中国選手からの謝罪を受け入れたことが、中国のネット上でも大きな話題になっている。

昨年12月に行われたE-1サッカー選手権の日本対中国戦で、中国代表DFの姜至鵬(ジアン・ジーポン)が競り合いの際に高く上げた左足が、飛び蹴りのような形で橋岡大樹の頭部にヒットした。姜にはイエローカードが提示されたが、当時、中国のテレビ局で実況を担当したアナウンサーも「これはレッドカードでもおかしくありません」と漏らした。

このプレーには、日本だけでなく中国国内からも批判が噴出。さらに、姜が試合直後に謝罪せず、「私が先にボールに触り、それから彼の頭が私の足に当たった。私が彼の頭を直接蹴った訳じゃない」などと弁明したことで、中国国内での姜への風当たりはますます強まった。

姜はこのほど出演した番組で、「橋岡大樹選手。中国代表の姜至鵬です。あのプレーはとても危険なものでした。試合後にビデオを見て、あるまじき行為だと思いました。幸い大事には至らなかったとのことですが、そうでなかったら、私は自分を責め、恥じ入っていたでしょう。おわびします」と謝罪した。

読売新聞によると、謝罪動画を見た橋岡は15日、「謝罪をもらうとは思っていなかった。これを受けて、また(お互いが)頑張っていければ」「国を代表して戦うという気持ちがああいうプレーになってしまったと思う」などと理解を示したという。

中国のスポーツメディア・新浪体育が16日にこれを伝えると、中国のサッカーファンからは「相手の器はすごく大きいな」「(姜とは)まるで見識が違う」「(姜は)サッカーで負け、人としても負けたな」「相手(橋岡)のプロとしての素養を見よ」など、橋岡への称賛の声が寄せられた。

また、問題のプレーについて「レッドカードが妥当」「本当に許されるべきではない」「私と同じように、まだ受け入れられない中国のファンは少なくないはず」といった声や、「本当に中国の恥。相手の頭を蹴るなどスポーツ道徳に反する。私たちファンは、(選手が)積極的に、フェアにプレーしてくれれば、たとえ負けたとしても納得できるんだよ」と訴える声も上がっている。

このほか、「もし日本の選手が中国選手を蹴っていたら、大騒ぎになっていただろうな」とのコメントも寄せられたが、これには「日本でこんなプレーをする選手が代表に入れるとでも?」という返信が寄せられ、多くの共感を集めている。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング