Record China

ヘッドライン:

ファーウェイがサムスン抑え4-6月期世界スマホ1位!結果に韓国ネットは不満?

配信日時:2020年8月1日(土) 7時20分
拡大
30日、韓国・マネートゥデイによると、中国の華為技術が韓国のサムスン電子を抑え、世界のスマートフォン市場で1位を獲得した。写真は中国・深センのファーウェイ本社。

2020年7月30日、韓国・マネートゥデイによると、中国の華為技術(ファーウェイ)が韓国のサムスン電子を抑え、世界のスマートフォン市場で1位を獲得した。

記事によると、市場調査会社Canalysの調査でファーウェイは今年4~6月期に5580万台のスマートフォンを出荷したことが分かった。サムスンは同期間に5370万台を出荷した。ファーウェイの出荷台数は昨年同期より5%減少した一方、サムスンは30%急減したという。ファーウェイが四半期基準で世界1位になったのは初めてのこと。

新型コロナウイルス感染拡大により世界中のスマートフォン需要が減少する中、中国経済は4月から急速に回復傾向をみせていることが、ファーウェイにとってプラスになったとみられている。

ただ、この結果についてCanalysのアナリストは「欧州など主要地域でファーウェイに対する懸念が高まり、需要が減っている。世界経済が回復し始めたら中国市場での勢いだけでは1位の座を維持することはできない」と指摘しているという。

この記事に、韓国のネット上では「中国国内の需要が多いから1位になるのは当たり前」「内需市場は除いてほしい」などやや不満げな声が目立ち、「みんなお金があったらサムスンやiPhoneを買う」「一時的な逆転にすぎない」「ファーウェイはサムスンのスマホをマネしてるだけ」と強気なコメントも。

一方で「トランプ大統領があれだけたたいたのに1位とは…」「サムスンのスマホは中国では人気ない。日本も同じ。高額で販売しても何も言わず買うのは韓国国民だけ」「起業を英雄のように扱ってくれる中国と、犯罪者のように扱う韓国との違いかもね」などの意見も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング