Record China

ヘッドライン:

「中国人お断り」の独レストラン、ミシュランがリストから削除―中国メディア

配信日時:2020年5月17日(日) 7時30分
拡大
15日、新京報は、SNSで「中国人お断り」と発言して批判を浴びたドイツのレストランについて、ミシュランガイドが推薦リストから削除する声明を発表したと報じた。

2020年5月15日、新京報は、SNSで「中国人お断り」と発言して批判を浴びたドイツのレストランについて、ミシュランガイドが推薦リストから削除する声明を発表したと報じた。

記事は、ドイツ西部デュッセルドルフにある著名ミシュラン星付きレストラン「Im Schiffchen」のメインシェフが12日にFacebook上で営業再開を知らせる書き込みを行った際、「中国人はお断りだ」などと記述したことを紹介。中国系住民をはじめとする多くのネットユーザーから「人種差別だ」との怒りを買い、ボイコットを呼び掛ける声まで出たと伝えた。

また、その後シェフがFacebook上で謝罪するも「誤解だった。中国の指導者に対するメッセージだった」と釈明したことで火に油を注ぐ結果となり、「もう二度と行かない」「マイナス1つ星だ」などとの批判が噴出したとしている。

その上で、ミシュランガイドが15日夜に声明を発表し、「1人1人を尊重することがミシュランの大事な価値観の1つ。われわれはいかなる形式によっても人種差別的な言論を断じて許さない」とシェフの発言を強く非難する姿勢を示すとともに、公式サイトのミシュランガイド公式リストから直ちに削除することを明らかにしたと伝えた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国人シェフがミシュランを告訴「実力より低く評価された」=韓国ネットから応援の声

17日、韓国・世界日報によると、韓国のミシュランガイドに掲載されたレストランのシェフが審査の公正性に異議を唱え、ミシュランを侮辱の疑いで告訴した。韓国でミシュランに対し法的に問題が提起されるのは初めてだという。資料写真。

Record China
2019年11月20日 0時20分
続きを読む

ランキング