Record China

ヘッドライン:

恐怖に叫ぶ中国のアンゴラウサギ、英国ファッション界にアンチ虐待の動き―英メディア

配信日時:2013年12月18日(水) 8時0分
拡大
16日、アンゴラウサギは羊毛のように毛を刈り取って利用することで知られているが、中国での毛の刈り方が「動物虐待だ」と英国で問題視されている。
(1/2枚)

2013年12月16日、BBC中国語サイトによると、アンゴラウサギは羊毛のように毛を刈り取って利用することで知られているが、中国での毛の刈り方が「動物虐待だ」と英国で問題視され、議論を呼んでいる。

その他の写真

英国の動物愛護団体・PETAは中国の10カ所で撮影したとするアンゴラウサギの虐待映像を公開した。バリカンで羊毛を刈るのとは全く異なり、映像では恐怖に泣き叫ぶウサギの毛を生きたまま中国の労働者がむしり取っているように見える。

英紙・ミラーはこの映像について「アンゴラウサギの毛を使った製品を禁止する動きを後押しするだろう」と伝え、英スカイニュースは「小売店30社あまりがアンゴラウサギの毛を使った製品の販売を取りやめた」と伝えるなど、英国ファッション界にも映像による影響が出ている。

英タイムズは「アンゴラウサギの毛は柔らかく暖かいためこれまで高級素材の一つとして扱われてきたが、この映像が公開されたことでマーク&スペンサーやネクスト、プライマークなどの大手販売店が次々に取り扱いを一時中止することを発表した」と伝え、ファッションデザイナーのステラ・マッカートニーさんは「アンゴラウサギの毛は今後二度と使わない」ことを明らかにしている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング