Record China

ヘッドライン:

「日本旅行に行くなら心の準備を」=在台日本人が注意喚起、その理由は―台湾メディア

配信日時:2020年5月29日(金) 19時20分
拡大
台湾メディア・聯合新聞網によると、台湾在住の日本人男性が「あまり良い体験はできないかもしれない」と注意喚起を行ったという。

新型コロナウイルスの流行を受けて発出されていた緊急事態宣言が25日に全面解除になったことを受け、台湾では日本旅行に関する話題が出始めている。だが、台湾メディア・聯合新聞網によると、台湾在住の日本人男性が「あまり良い体験はできないかもしれない」と注意喚起を行ったという。

聯合新聞網が28日付の記事で取り上げたのは、台湾在住の日本人男性のSNSへの投稿だ。男性は、緊急事態宣言の解除を受け、「秋以降はたくさんの台湾人が日本を旅行すると思います」とする一方、「単独で日本旅行に行く場合は心の準備をしてください」と呼び掛けている。

男性は、「おそらく、不快なことや友好的でない日本人に出会うこともあるでしょう。以前は、相手が台湾人と分かれば優しくしてくれましたが、今後はそうとは限りません」と説明。日本のメディアでも台湾のコロナ対策が成功していることが報じているものの、多くの日本人はウイルスが国外から来たということしか知らないとし、「もしそうした人が中国語を話す人を見たら、友好的な態度をとるでしょうか?」と問いかけた。

一方で、それでも日本旅行へ行く場合のアドバイスとして、「日本の旅行会社のツアーや日本人のガイドがついているのであれば問題ないと思います。日本人がついていると、現地の日本人は安心するからです」と説明し、「日本人の台湾人に対するイメージはとても良いですが、外国人に対するイメージは必ずしも良いとは限りません」とつづった。男性はこのほか、日本旅行の代わりに台湾内を旅行するのも良いと提案している。

聯合新聞網は、この投稿に寄せられた他のネットユーザーのコメントも紹介しており、「今年はやっぱり行かない方がいいね。日本人が『外国人』を怖がるのは理解できるよ」「まずは台湾内を旅行することに同意!」「14日間の隔離(が継続されるのであれば)は(旅行の)コストが高すぎる」「ワクチンが開発されるまでは海外旅行にはいかない」などの声を紹介。また、日本在住とみられる台湾人からは「この話は本当だ。仕事をしている時に名札を見られると、時々厳しいことを言われる。我慢できずに自分は台湾人だと説明することもあるけど、それでも(相手の態度は)変わらない…」との声もあったと伝えている。

日本は台湾人に人気の観光地で、昨年は延べ489万600人(前年比2.8%増)の台湾人が日本を訪れた。台湾の有名なネット掲示板PTTでも先日、「新型コロナウイルスのワクチンがなくても日本に旅行に行くか」との質問が投稿され、日本旅行に前向きなコメントも多く寄せられていた。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング